創業事業のガラススクリーンを原点に

1943 1943_01.gif 大日本スクリーン製造株式会社設立、社長に石田敬三就任
1946 写真製版用機器の総合メーカーを目指す
1946_01.gif 製版カメラ1号機(木製)を開発
1947 二代目社長に石田徳次郎就任
1949 東京出張所を開設、関東地方の販売促進とアフターサービスの増強を図る
1953 創立10周年
本社工場を建設、各種印刷製版機器の生産を開始
1955 1955_01.gif 微細な線を蝕刻するガラススクリーンの製造技術を応用してテレビの撮像管用の金属部品「ターゲットメッシュ」の生産に成功(NHK総合研究所から開発依頼)、エレクトロニクス分野への一歩を踏み出す
1958 コンタクトスクリーンの量産に成功(国内初)
1958_01.gif 社長・石田徳次郎、海外の製版技術および市場を視察するため欧米各国を訪問
1960 1963_02.gif カラーテレビのブラウン管用金属部品「シャドウマスク」を開発
1962 株式を大阪証券取引所市場第二部・京都証券取引所に上場
ドイツで4年に1回開催される印刷製版機器の国際展示会「DRUPA」に初出品
米国・フェアチャイルド社とスキャナカラーの日本総代理店契約を締結
1964 1963_01.gif 電子製版彫刻機「オートグレーバー」を開発。反射原稿または透過原稿から直接版材に網凸版を彫刻。また、原稿から直接、色補正した分解版を作成することを実現
1965 彦根にシャドウマスク製造工場を建設、同製品事業軌道に乗る
1966 米国・ロサンゼルスに海外駐在員事務所を開設
1966_01.gif 国産初の電子色分解装置「スキャナグラフI型」を開発
1966_02.gif 半導体製造装置用超精密縮小カメラ「アンバサダー C-59」を開発
1967 1967_01.gif 米国・ロサンゼルスに最初の海外子会社、DS America Inc. 設立
台湾・高雄市にアジア初の子会社、大洋工業股份有限公司を設立
株式を東京証券取引所市場第二部に上場
1968 ソニーのトリニトロン方式のブラウン管用金属部品「アパチャーグリル」を開発
西独・デュッセルドルフに欧州初の駐在員事務所を開設
1969 株式を名古屋証券取引所市場第二部に上場
1970 東京・大阪・名古屋証券取引所市場第一部に株式を上場
1973 創立30周年
1973_01.gif ダイレクトカラースキャナー「スキャナグラフ SG-701」を開発。記録的大ヒット製品となる