生物多様性行動指針

SCREENグループでは、自然資本から継続的に恩恵を受けられる環境づくりを重要課題と置き、行動指針を制定しています。私たちは生物多様性保全を推進します。
SCREENグループは、国連グローバル・コンパクト4分野10原則を尊重し、社会の持続可能な発展に向けてグループを挙げて活動しています。

「SCREENグループ 生物多様性行動指針」

  1. 生物多様性保全の重要性を認識し、従業員への教育、外部への情報発信に努めます。
  2. 多様な生物からの恩恵を受け、持続可能な社会の実現のため、次の活動に努めます。
    ①地球温暖化の抑制
    ・製品、活動、サービスによるCO2排出量削減
    ②循環型社会の推進
    ・廃棄物最終処分量の削減、3Rの推進
    ③生物多様性保全の直接的な取り組み
    ・生息地の保護および種の保存
    ・生物多様性に配慮した原料調達
  3. 水環境を守るため、水質浄化に努めます。
  4. 工場、事業所に隣接する自然環境を守るため、地域活動と共に環境保全に努めます。
  5. 工場の新設、大規模増改築工事、開発行為などの際は生物多様性に配慮します。

2017年4月1日

「SCREENの森」保全活動(京都モデルフォレスト運動) 

SCREENグループは公益社団法人京都モデルフォレスト協会、京都府、亀岡市、および亀岡市宮前町宮川区と共に、京都府の森林を守り育てる「京都モデルフォレスト運動※1」に参画し、森林整備の資金を提供しています。当社は2018年から5年間にわたり、亀岡市宮前町宮川区の森林約53ヘクタールの整備費用を負担するとともに、従業員がボランティアとして参加する整備活動を計画的に実施します。
周辺の森林から多くの恩恵を受けている当社は、京都府の森林保全活動に協賛し、森林保全に協力、地球温暖化対策に貢献しています。2020年3月期、SCREENの森活動で支援している森林保全活動をCO2森林吸収量に換算すると、9.22 t-CO2/yr(ヒノキ:1.04 マツ:0.27 計1.31ha)になります。同時にグループ社員とその家族、OBが参加できる森林保全体験などの企画を通じて、生物多様性に対する理解の向上に努めています。

開催日:2019年5月25日

※1 京都の祭りや文化を支えてきた生きものの保全・再生を実施する団体の取り組みを京都市が認定し、専門家などを派遣して支援するプロジェクト

京(みやこ)の生きもの・文化協働再生プロジェクト

自然や文化が豊かな歴史のある京都に本社を置く会社として、自然環境や伝統文化への意識を高め、生物多様性保全への活動を通じて地域の社会貢献に取り組んでいます。2017年12月、京都市が推進する「京(みやこ)の生きもの・文化協働再生プロジェクト※2」に参画し、京都市より認定を受けて活動しています(第18号認定)。本社事業所の緑地エリアに3カ年計画で絶滅寸前の希少植物を含む約10種類以上の植物を育成。このエリアで育てたフタバアオイを葵祭に奉納しています。

本社事業所緑地エリア

※2 京都の祭りや文化を支えてきた生きものの保全・再生を実施する団体の取り組みを京都市が認定し、専門家などを派遣して支援するプロジェクト