SCREENグループは、E(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)への取り組みを実効性をもって進めるため「Sustainable Value 2023」推進体制を確立しています。グループ委員会へは、対象となるSCREENグループ各社の責任者が参加し、情報共有と連携をはかり、グループ横断的な取り組みを行っています。

 「CSR委員会」では、HD代表取締役 取締役社長を最高責任者とし、社会的価値向上の視点から、「SCREENグループCSR憲章・行動規範」に基づく従業員の規範的行動の実践、SDGsへの対応、社会貢献の推進に取り組んでいます

 「グループリスク委員会」では、HD代表取締役 取締役社長を最高責任者とし、SCREENグループ全体に内在するリスクとその状態を把握し、年度ごとの経営環境の変化に応じた重要リスクの特定によりリスク管理の方向性を定めるとともに、リスク顕在化の予防に取り組んでいます

 「グループEHS委員会」では、サステナブル経営担当役員を管理統括者とし、SCREENグループにおける環境・安全・健康に関する社会的または内部的な課題や問題点を共有し、継続的な改善に取り組んでいます

Sustainable Value 2023 推進体制の図、詳細は前述の内容通り