“Sustainable Value 2023”
 私たちSCREENグループは、社会価値向上のため、ESGを重視し、多様なステークホルダーの期待と信頼に応え、企業としての社会的責任を全うするとともに、事業活動を通じて環境・社会課題への取り組みを積極的に展開し、ソリューションクリエーターとして社会の持続可能な発展に貢献します。

国際社会の共通目標であるSDGsへの対応とともに、
ステークホルダーの信頼を得るサステナブル経営に積極的に取り組みます。

 E(環境) 事業活動を通じた環境負荷低減の取り組み
 P19 SDGs E.png

・SBT※1の枠組みに基づくエネルギー消費削減や環境負荷低減によりCO2排出削減を強化し、事業を通じて脱炭素社会の実現に貢献します
・水資源、廃棄物の低減、環境規制物質への対応を通じて循環型社会の実現に貢献します

 S(社会) 働きがいのある環境づくりと社会課題解決への積極的な取り組み 
   P19 SDGs S.png
・持続可能な新しい働き方の実践や、多様な人材が成長・活躍できる制度と環境整備を強化推進します
・産学公連携を通じ、さまざまな社会課題解決につながるイノベーション創出や、社会貢献活動による地域コミュニティの発展に貢献します

 G(ガバナンス)  リスクマネジメントと事業継続計画の強化
   P19 SDGs G.png
・リスク課題を的確に捉え、企業価値毀損の未然防止とリスク顕在化時の価値毀損を最小限化するグループリスクマネジメントを展開します
・RBA※2に準拠し、サプライチェーンマネジメントを強化します
・多様化する災害リスクに対応するグループBCP体制の強靱化に取り組みます

※1 SBT(Science Based Targets):科学的根拠に基づいたCO2排出削減目標の設定を求める、地球温暖化防止に向けた国際的なイニシアチブ
※2 RBA(Responsible Business Alliance):電子機器、IT、玩具および自動車業界における、人権・安全衛生、倫理、環境などへの規定を定めるアライアンス

サステナブル経営推進体制

持株会社であるSCREENホールディングスにおいて選任された「サステナブル経営担当役員」が、グループ全体のサステナブル経営に関する責任と権限を負い、CSR推進室がこれを推進しています。リスク・環境・健康・安全に最大限に配慮した事業活動を展開し、持続可能な社会に向けた取り組みを続け、その実効性と効果を高めています。グループ委員会の推進体制として「CSR委員会」(2回/年)、「グループリスク委員会」(2回/年)、「グループEHS委員会」(4回/年)を開催し、グループ各社の委員会への参加を通じて定期的に情報共有を行い、連携を取りながら重点施策の実施やグループ社員の意識の向上に取り組んでいます。
グループEHS委員会では、分科会(防災BCM分科会、健康管理分科会、プロダクトEHS分科会、環境・エネルギー分科会)を設け、環境・健康・安全活動の統合マネジメントを推進しています。

P29-B.jpg