CSRにおける重点課題の特定

当社グループでは、「CSR中期計画」のもと、SDGsなどをはじめとする社会からの期待とこれから取り組むべき環境・社会的課題の中から、重点課題(マテリアリティ)を特定しました。特定にあたっては、ステークホルダーとの対話を重要視し、「E(環境)」「S(社会)」「G(ガバナンス)」の3分野に対して、当社が影響を与える社会的課題や当社が影響を受ける社会的課題を抽出し対応していくこととしました。特に「E(環境)」の分野では、2026年3月期までに2014年3月期比でCO2総排出量20%削減を目指し、取り組んでいます。

CSR中期計画で特定した重点課題と2018年3月期の状況

E(環境)
「環境価値」を創造し、低炭素・循環型社会へ貢献

重点課題 環境負荷低減に貢献する
製品・サービスの提供
環境保全のための積極的な取り組み
SDGs sdg_icon_12_ja.png sdg_icon_13_ja.png
2020年3月期の姿 環境配慮型製品・サービスで、CO2削減するなど、事業を通じて貢献している 事業活動において環境負荷を低減するとともに、森林保全や生物多様性など、積極的な保全活動を展開できている
KPI(評価指標)
2018年3月期
製品によるCO2排出抑制の貢献
2020年3月期目標:2014年3月期売上原単位
6%以上削減 (GV21・フェーズⅣ)
  1. CO2排出量の改善
    2018年3月期目標:2014年3月期出荷重量原単位
    4%以上削減(GV21・フェーズⅣ)
  2. 生物多様性の保全の推進
    (数値目標は設定しない。実施計画を策定し実施)
実績
2018年3月期
売上原単位 16%削減
※売上原単位:売上1億円当たりの製品のCO2排出量
  1. 出荷重量原単位27%削減
    ※出荷重量原単位:出荷重量1トン当たりの事業活動のCO2排出量
  2. 「 京の生きもの・文化協働再生プロジェクト」認定
    本社事業所に希少植物の花壇を造園 「森林の利用保全に関する協定」を締結
    京都府亀岡市の「SCREENの森」で環境保全活動を開始

S(社会)
ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現と、社会的価値の創造

重点課題 健康の確保と、
仕事の質的向上を図る働き方改革
多様な人材の育成
SDGs sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_08_ja.png
2020年3月期の姿
  1. 従業員一人ひとりの健康を確保し、生き生きとした活動ができている
  2. 生産性と効率性を向上させ、ワークライフバランスを実現できている
  1. 従業員が自らのキャリア形成に主体的・積極的に取り組む
  2. 次世代経営者を含め、後継者育成の考え方、および育成プランができている
KPI(評価指標)
2018年3月期
  1. 健康経営度評価上位 20%以内を維持
  2. 「 働き方改革推進プロジェクト」にて目標を定める
人材育成プランの実施
実績
2018年3月期
  1. 健康経営度評価結果では、20〜40%のランクに 留まる
    健康経営優良法人(ホワイト500)認定
  2. 働き方改革推進プロジェクトを発足、総実労働時 間の目標時間を設定、人事制度面の改善を実施
<人事制度の追加整備>
ファミリーサポート有休、子育てサポート休暇、配 偶者育児休職、勤務間インターバル(9時間以上)
SCREEN BUSINESS SCHOOLの有効活用 目標人数に対する受講率=98%
重点課題 CSRサプライチェーンの推進 共生、思いやり、次世代育成を柱とした
社会貢献活動
SDGs

sdg_icon_12_ja.png

sdg_icon_04_ja.png
*1

2020年3月期の姿 サプライチェーンにおけるCSR行動規範が確実に実践されている
  1. 5つの重点分野*2で継続的に活動を行い、当社の特徴が社内外に定着し始めている
  2. 多くの従業員が参画できる活動が展開できている
KPI(評価指標)
2018年3月期
サプライチェーンに対するセルフアセスメントの実施と特定した問題点の改善
  1. 社員が継続して参加できる新規社会貢献活動の創設
  2. イベントごとに参加者の満足度をチェックし、満足度 70%以上の達成・維持
実績
2018年3月期
2018年1月、対象サプライヤー75社に対し、セルフアセスメントを実施し、回収率は93.3%、得点率は76.2%
  1. モデルフォレスト活動を企画立案し、2018年3月より社会貢献活動を開始
  2. 「 モデルフォレスト活動(3月)」の参加社員アンケートでは満足度 98%
    「 京都モノづくりの殿堂・工房学習」の参加児童アンケートでは「楽しく学習できた」96.1%(回答数:12校280名)

*1 社会貢献活動の内容により、関係するSDGsの目標も変わる
*2「 サイエンス・教育の支援」「社会福祉」「スポーツ・文化の支援・振興」「環境保全」「地域貢献」の5分野を指す

G(ガバナンス)
守りと攻めのガバナンス体制の推進とESG情報の戦略的開示

重点課題 攻めのガバナンスを支える内部統制・リスクマネジメント体制の構築
SDGs sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_16_ja.png
2020年3月期の姿
  1. 経営の健全性と透明性を担保する内部統制が適切に運用できている
  2. 中長期の経営目標達成のための体系的なリスク管理ができている
社内通報制度が海外を含むグループ全体で有効に運用されている
KPI(評価指標)
2018年3月期
  1. 関連法規が求める内部統制監査適合を維持
  2. リスクマネジメントシートのグループ内100%運用とリスク低減効果
  1. 対応案件完了率 100%
  2. 通報制度運用状況調査と改善
実績
2018年3月期
  1. 監査計画どおり実施対応し、監査適合を維持
  2. リスクマネジメントシートの運用をグループ内で100% 運用実施、事業に影響を与える大きなリスクは発生していない
  1. 100% 対応完了
  2. 半期ごとのハラスメント相談窓口担当者のチェッ ク、新規窓口担当者への教育を実施
重点課題 ESG情報の積極的な開示と社内外での共有
SDGs sdg_icon_17_ja.png
2020年3月期の姿 CSRに関して国際基準を正しく理解し、実践できていることを前提に、非財務情報の効果的な開示と積極的なステークホルダーエンゲージメント対応ができている
KPI(評価指標)
2018年3月期
  1. 統合報告書の発行(冊子版、ウェブ版)
  2. RBA(旧EICC)準拠を維持
  3. e-ラーニング、CSRトーク(四半期ごとに CSRに関する内容を話し合う)など社員教育を各部門で継続的に実施 CSRトークの実施率 70% 以上
実績
2018年3月期
  1. ESGの重点課題を特定し、「経営レポート2017」にて開示、ステークホルダーである株主・投資家、および社員との積極的なダイアログを実施
  2. RBA Lowリスク判定を継続
  3. e-ラーニング修了率:86.5%
    CSRトーク実施率:81.8%