当社グループが誇る3つのコア技術「表面処理技術」「直接描画技術」「画像処理技術」をベースに、他の技術との融合と応用展開 により、3つの新たな事業領域「エネルギー」「ライフサイエンス」「検査計測」において、製品と技術の開発と、販売拡大に取り組んでいます。

エネルギー分野

ディスプレー用で世界シェアNo.1の高精度塗布技術を、リチウムイオン電池(LiB)の電極材料の塗工装置に展開しました。また、車載用などの高性能電池の量産に適した、高速で高精度な二次電池用電極塗工乾燥装置や、燃料電池に対応したロール to ロール塗工乾燥装置を開発しています。

ライフサイエンス分野

画像処理技術を応用した高速3D細胞スキャナー「Cell3iMager(3Dセルイメージャー)」(下記参照)や細胞形態解析イメージングシステムを製品化。検査試薬なしで、がん細胞の増殖や形態の変化を高速に計測・分析し、(がんの)創薬研究、再生医療研究のスピードアップに貢献しています。また、製薬業界での錠剤の識別性向上と医療過誤防止に貢献すべく、直接描画技術と画像処理技術を活用したインクジェット式錠剤印刷機(下記参照)を製品化しました。

高速3D細胞スキャナー

3D 培養したがん細胞の増殖や形態変化を検査試薬なしで高速に計測・分析できるスキャナーです。
試薬が不要なため、がん細胞を死滅させることなく、同一細胞を使って経過観察をすることができます。

製薬業界向けインクジェット式錠剤印刷機

錠剤に文字などを印刷
錠剤を割っても名称や成分含有量が確認できるよう、錠剤の割線を基準とした両面印字を業界で初めて可能にしました。医薬品の調剤ミスや誤飲防止などに貢献すると期待されています。

検査計測分野
さまざまな生産現場における検査工程の自動化・省力化に貢献できる検査・計測装置を製品化しました。現状、定量化が難しいとの理由から目視検査に頼っている車載部品の外観検査を、世界で初めてオートメーション化した鍛造部品自動外観検査装置や、組立品自動外観検査装置を販売しています(下記参照)。

業界初、車載用鍛造部品向け外観検査装置

エンジンをはじめとする自動車の主要な基幹部に使われる鍛造部品向けの外観検査装置です。
この装置は、現在、主に目視で行われている鍛造部品の検査をオートメーション化することにより、より確実な品質管理を実現します。当社グループの半導体やプリント基板関連の検査装置で定評のある外観検査技術に加え、独自の画像処理技術を応用することにより、高精度な検査を可能にします。
また、検出された結果を分析することにより、欠陥の原因特定に役立てられるなど、歩留まり向上にも貢献する実用性の高い装置です。