SCREEN

出力の手引きWeb

Adobe Creative Cloud 2021 - サポート開始

2020.12.07

■結論
検証の結果、EQUIOSにおいて以下の運用のもと、Adobe Creative Cloud 2021のサポートを開始します。

■データ作成方法
このサイトの右部からダウンロードできる「EQUIOS出力の手引き 第17版」と「EQUIOS印刷ユーティリティ Rev1」に基づいて作成されたデータはEQUIOS共通であり、Adobe CC 2021でも同じ手順で使用する事ができます。カラープリセット(P83)も忘れずに!

■EQUIOS推奨バージョン
Adobe Creative Cloud 2021での出力を行う場合は、以下のバージョン以降のEQUIOSをお使い頂く事を推奨致します。これらのパッチの適応につきましては「テクニカルWebサポート」をご確認ください。
 ・EQUIOS Ver8.00 EQ011 (RIPバージョン「標準」を利用)
 ・EQUIOS Ver7.02 EQ211 (RIPバージョン「標準」を利用)

■対応Adobe CCバージョン
Adobe CC 2021につきましては以下のビルド以降にアップデートしてお使い下さい。
 ・Adobe Illustrator 2021 (25.0以降)
 ・Adobe InDesign 2021 (16.0以降)

Adobe Creative Cloud 2020 - サポート開始

2019.12.02

■結論
検証の結果、EQUIOSにおいて以下の運用のもと、Adobe Creative Cloud 2020のサポートを開始します。

■データ作成方法
このサイトの右部からダウンロードできる「EQUIOS出力の手引き 第17版」と「EQUIOS印刷ユーティリティ Rev1」に基づいて作成されたデータはEQUIOS共通であり、Adobe CC 2020でも同じ手順で使用する事ができます。カラープリセット(P83)も忘れずに!

■InDesignの角丸の改善
InDesign 2020では、角丸の形状が不正確である問題が改善されていることがInDesignの勉強部屋で紹介されています。森 裕司さん(Thats)ありがとうございます。
[InDesignの勉強部屋] InDesign 2020 No.01 角丸の問題が解消された
indesign2020_stroke.png処理の改善は好ましいことであるものの、出力側からすると同時に結果が変わる事でもあります。
当社のEQUIOSを用いた出力検証でもこの修正の影響が確認されており、ほとんどの場合は2019と2020の出力結果の違いはわずかなものですが、一部の破線の表現で目視確認できる違いが表れる事例も見つかっています。
この違いはInDesignの表示でも、書き出したPDFのAcrobat表示でも確認できるものであり、RIPの問題ではありません。
この症状は線パネルの「角」の設定が「なし」の場合に顕著ですが、このデータの場合は「角」の設定を「点線の調整」と設定する事で改善します。
結果オーライでスルーされていた旧バージョンからのネイティブデータを更新して使う場合には、線パネルの「角」の設定などに留意が必要です。
今回から「InDesign 2020」とか「Illustrator 2020」の様に「CC」は付かない表記になっているようです。

■EQUIOS推奨バージョン
Adobe Creative Cloud 2020での出力を行う場合は、以下のバージョン以降のEQUIOSをお使い頂く事を推奨致します。これらのパッチの適応につきましては「テクニカルWebサポート」をご確認ください。
 ・EQUIOS Ver7.01 (RIPバージョン「標準」を利用)
 ・EQUIOS Ver6.01 EQ102

■対応Adobe CCバージョン
Adobe CC 2020につきましては以下のビルド以降にアップデートしてお使い下さい。
 ・Adobe Illustrator 2020 (24.0.1以降)
 ・Adobe InDesign 2020 (15.0以降)

EQUIOS出力の手引き 第17版(PDF版)公開

2019.02.04

PDF版の「EQUIOS出力の手引き 第17版」を公開しました。およそ5年ぶりの更新です。
get_tebiki.png当社製ワークフローRIP「EQUIOS」で処理をするデータ制作する上での手順や注意点を記載したPDF形式のドキュメントです。
このドキュメントは、出力に必要な一般的な情報を掲載しておりますが、その記載内容については、EQUIOSにおいて検証済みの内容となっているところが、他の解説書と異なるところです。
Adobe Creative Cloud 2019の出力検証も、このドキュメントの手順で行っています。手順や設定を一つの基準として公開しておくことで、お問い合わせの際の前提条件の確認の精度を上げることができ、正確な回答の助けになります。
最新の情報については、この「出力の手引きWeb」で追記していきますので、併せてご参照下さい。

PDFでは、関連する出力の手引きWebへのハイパーリンクや、本文の関連する箇所への相互参照など多数設定しています。プリントアウトもいいですが紙ではクリックできませんので、PDFでの閲覧もオススメです。


■公開情報
このサイトよりダウンロードしてください。
EQUIOS出力の手引き 第17版(PDF/24.0MB)
EQUIOS印刷ユーティリティ Rev.1(ZIP/776KB) → 従来より変更ありません
過去のDTPデータのための「Trueflow出力の手引き 第14版」はこちら

■主な追記・変更項目

  • 「トラブルの少ないデータ制作」を新設
  • 「EQUIOSの仕様に関する留意事項」を新設
  • ドキュメントの名称を「EQUIOS出力の手引き」に変更。
  • Adobe Creative Cloud 2015~Adobe Creative Cloud 2019の記述の追加
  • 既に修正済みの留意事項の削除、又は内容の変更。
  • その他、文章のブラッシュアップ。


■制作環境
udfont.pngInDesign CC 2019を用いて制作しました。
書体は「ヒラギノUD角ゴF」シリーズを使用しています。
文字組みアキ量設定は、はあどわあくの大石十三夫さんからサポートいただきました。ありがとうございます。

■更新情報も知りたい方へ
以前より、第16版をお読みの方で、この第17版で更新されたポイントを知りたい方のために、更新情報確認版を公開します。
EQUIOS出力の手引き 第17版 更新情報 確認版(PDF/24.1MB)
<ご注意>
このドキュメントをご参照の際には以下の点にご注意ください。

  • 第17版で追記、変更した部分が赤字になっています。消去した部分を確認する事はできません。
  • 意味に大きな影響のない変更部分は、赤字になっていない場合があります。
  • P1、P71~P73、P78~79は全て新しいので赤字にはしていません。