SCREEN

出力の手引きWeb

Adobe Creative Cloud 2021 - サポート開始

2020.12.07

■結論
検証の結果、EQUIOSにおいて以下の運用のもと、Adobe Creative Cloud 2021のサポートを開始します。

■データ作成方法
このサイトの右部からダウンロードできる「EQUIOS出力の手引き 第17版」と「EQUIOS印刷ユーティリティ Rev1」に基づいて作成されたデータはEQUIOS共通であり、Adobe CC 2021でも同じ手順で使用する事ができます。カラープリセット(P83)も忘れずに!

■EQUIOS推奨バージョン
Adobe Creative Cloud 2021での出力を行う場合は、以下のバージョン以降のEQUIOSをお使い頂く事を推奨致します。これらのパッチの適応につきましては「テクニカルWebサポート」をご確認ください。
 ・EQUIOS Ver8.00 EQ011 (RIPバージョン「標準」を利用)
 ・EQUIOS Ver7.02 EQ211 (RIPバージョン「標準」を利用)

■対応Adobe CCバージョン
Adobe CC 2021につきましては以下のビルド以降にアップデートしてお使い下さい。
 ・Adobe Illustrator 2021 (25.0以降)
 ・Adobe InDesign 2021 (16.0以降)

Adobe Creative Cloud 2020 - サポート開始

2019.12.02

■結論
検証の結果、EQUIOSにおいて以下の運用のもと、Adobe Creative Cloud 2020のサポートを開始します。

■データ作成方法
このサイトの右部からダウンロードできる「EQUIOS出力の手引き 第17版」と「EQUIOS印刷ユーティリティ Rev1」に基づいて作成されたデータはEQUIOS共通であり、Adobe CC 2020でも同じ手順で使用する事ができます。カラープリセット(P83)も忘れずに!

■InDesignの角丸の改善
InDesign 2020では、角丸の形状が不正確である問題が改善されていることがInDesignの勉強部屋で紹介されています。森 裕司さん(Thats)ありがとうございます。
[InDesignの勉強部屋] InDesign 2020 No.01 角丸の問題が解消された
indesign2020_stroke.png処理の改善は好ましいことであるものの、出力側からすると同時に結果が変わる事でもあります。
当社のEQUIOSを用いた出力検証でもこの修正の影響が確認されており、ほとんどの場合は2019と2020の出力結果の違いはわずかなものですが、一部の破線の表現で目視確認できる違いが表れる事例も見つかっています。
この違いはInDesignの表示でも、書き出したPDFのAcrobat表示でも確認できるものであり、RIPの問題ではありません。
この症状は線パネルの「角」の設定が「なし」の場合に顕著ですが、このデータの場合は「角」の設定を「点線の調整」と設定する事で改善します。
結果オーライでスルーされていた旧バージョンからのネイティブデータを更新して使う場合には、線パネルの「角」の設定などに留意が必要です。
今回から「InDesign 2020」とか「Illustrator 2020」の様に「CC」は付かない表記になっているようです。

■EQUIOS推奨バージョン
Adobe Creative Cloud 2020での出力を行う場合は、以下のバージョン以降のEQUIOSをお使い頂く事を推奨致します。これらのパッチの適応につきましては「テクニカルWebサポート」をご確認ください。
 ・EQUIOS Ver7.01 (RIPバージョン「標準」を利用)
 ・EQUIOS Ver6.01 EQ102

■対応Adobe CCバージョン
Adobe CC 2020につきましては以下のビルド以降にアップデートしてお使い下さい。
 ・Adobe Illustrator 2020 (24.0.1以降)
 ・Adobe InDesign 2020 (15.0以降)

Adobe Creative Cloud 2019 (2) - サポート開始

2019.01.10

■結論
検証の結果、EQUIOSおいて以下の運用のもと、Adobe Creative Cloud 2019のサポートを開始します。

■データ作成方法
このサイトの右部からダウンロードできる「EQUIOS/Trueflow出力の手引き 第16版」と「EQUIOS印刷ユーティリティ Rev1」に基づいて作成されたデータはEQUIOS共通であり、Adobe CC 2019でも同じ手順で使用する事ができます。

■Illustrator CC 2019の新機能「フリーグラデーション」
フリーグラデーションは、線形・円形・メッシュグラデーションが組み合わされて表現されており、出力処理としては、新たな要素はありません。
しかし、EPS保存、PDF/X-1a出力など分割統合が伴うデータ制作を行うと、透明やオーバープリントとの関係に応じて、フリーグラデーションの一部が画像化され、残りがグラデーション記述で残り、その境界においてトーンジャンプが発生したり、極端に複雑な記述になることでエラーの原因となる可能性があるため、Illustratorネイティブ形式で配置し、PDF/X-4形式でのデータ制作を行って下さい。
透明を活かす、オーバープリントも活かす(ノセイキ)ということです。

■EQUIOS推奨バージョン
Adobe Creative Cloud 2019での出力を行う場合は、以下のバージョン以降のEQUIOSをお使い頂く事を推奨致します。これらのパッチの適応につきましては「テクニカルWebサポート」をご確認ください。
 ・EQUIOS Ver7.00 (詳細はpage2019展にてご確認下さい)
 ・EQUIOS Ver6.01 EQ102

Adobe Creative Cloud 2019 (1) - Illustratorのフリーグラデーション

2018.10.18

<2019年01月24日追記>
2019年01月09日より
サポート開始いたしました。
2018年10月18日時点で当社製品との検証中のため、未サポートです、検証終了時にこのサイトでお知らせいたします。

■Adobe Creative Cloud 2019のリリースと当社製品のサポートについて
kawacoco_wine.png2018年10月15日(米国時間)Adobe Creative Cloud 2019が一斉にリリースされました。
当社では、特に慎重に検証を行っており、サポートの可否については、検証終了後にこのサイトでお知らせいたします。

■Illustrator CC 2019の新機能「フリーグラデーション」
Illustrator CC 2019において、フリーグラデーションという新しい表現がサポートされました。 グラデーションメッシュに似ていますが、グラデーションメッシュは、PDF上にネイディブで記述される事に対し、フリーグラデーションではPDF上では画像化されている様で、継続調査中です。

gradation_panel.png
control_point.png
データご提供:イラレラボさま カワココさんありがとうございます!
本データは、Adobe MAX 2018 (US) 鷹野雅弘さん(株式会社スイッチ)のセッションでも紹介されました。
 

美しいグラデーションを出力する

2018.09.12

■概要
EQUIOS Ver6.01より、グラデーションのトーンジャンプを低減する機能が追加されます。
出力チケットの設定に「平行、円形グラデーションのトーンジャンプを軽減する」という設定が加わります。
TrueflowのAPPEではない方の従来処理をお使いの経験のある方は、同様の設定があったことを覚えておられると思います。
EQUIOSでは、APPEのグラデーション生成の部分を独自にカスタマイズし、TrueflowのAPPEではない方の従来処理と同様の方法でグラデーションを生成する機能をサポートしました。
この機能は、グラデーションのトーンジャンプを防ぐために役に立ちますが、いくつかの留意事項があります。

■互換性
グラデーションのみの再現が変わる設定であり、互換性には影響ありません。

■処理の概要
処理の仕様の概要について下記に説明します。

  • グラデーションの濃度変化するポイントそろっていると、その濃度変化が目立ちやすく、トーンジャンプの要因となる。
  • グラデーションに僅かなノイズを加え、濃度変化するポイントをランダムにずらすことで、トーンジャンプの低減が期待できる。
  • 対象となる部品は、特に目立つ平行、円形グラデーション。
  • グラデーションメッシュや偏心円は対象外
  • 透明の影響の及ぶ領域では処理の対象とはならない

これらの仕様はTrueflowと同様です。

■品質について
グラデーションの品質について、以下の様な一長一短の特徴があります。
実際のトーンジャンプは網点を紙に印刷した場合で確認されるもので、webサイトでは正確な表現ができません。下記の図は出力のイメージを見えやすく図示したもので、実際のRIP出力ではありません。

元データは図の様に2つのオブジェクトが重なっていますが、オーバープリントでも、透明でもありません。グラデーションオブジェクトの端の色が、下の平網と同じ値になっているところがポイントです。
①はEQUIOSのデフォルト設定での出力です。多くのケースで問題ありませんが、色の変化の設定によっては、稀にトーンジャンプが目立つことがあります。
②は、今回の対応の結果、グラデーション部分にノイズが乗った場合の結果です。
M=50%, Y=100%で、同じ色のはずの2つの図形の境界部分に、ノイズの有無による段差が僅かに現れるケースがあります。
③は、今回のノイズ付加の処理を行わず、階調再現の高い12bitの網を使用した場合です。
APPEのグラデーションの内部演算は、非常に高い精度で演算されており、出力される網を階調再現性の高い12bitのものを使うことで、ノイズを加えなくても多くのケースのトーンジャンプが軽減される可能性があります。この設定でトーンジャンプが抑制できる場合、ノイズの有無による影響も避けることができます。

■留意事項
1) パフォーマンス
通常はこの処理がパフォーマンスに影響することはほとんどありません。しかし、マシンのスペックや同時演算の負荷が重いなどの要因により、若干パフォーマンスが低下する可能性があります。

2) 透明の影響について
透明の影響に関する留意事項はTrueflowでもEQUIOSでも同じ事が言えますが、透明の使用が当たり前になってきた最近のDTPデータで特に留意しておく必要があります。

  • グラデーションに透明の影響が及ぶ領域では、内部処理として画像として処理されるので、ノイズが付加されない
  • 最近のDTPデータでは、透明効果は当たり前の様に使用されており、ノイズの有無の差による段差が発生するリスクがある。

 

3) デフォルト設定はOff
Trueflowでは、この機能はデフォルト設定としてOnでしたが、EQUIOSではOffがデフォルトです。どうしてもトーンジャンプが防げない場合の一時的な回避策としてご利用ください。
問題がない場合は、Offの設定と併せて、12bit網の使用をお勧めします。