SCREEN

お知らせ

アイ企画株式会社に「Proof Jet F780 MARKⅡ」を4台納入 ~ トータル・パッケージング・デザインを実現 ~ 【SCREEN GP ジャパン】

2020.12.25

株式会社SCREEN GP ジャパンは、アイ企画株式会社(代表取締役社長:徳永 修一氏/本社:大阪府守口市/以下、アイ企画社)に、本紙校正用インクジェットプリンター「Proof Jet F780 MARKⅡ」を4台納入しました。

「Proof Jet F780 MARKⅡ」は、印刷本紙にアンカーコートなしで直接印刷できるインクジェットプリンターで、商業印刷モデルと紙器パッケージモデルの2機種をラインアップしており、今回納入された4台はいずれも紙器パッケージモデルです。C、M、Y、K、オレンジ、グリーン、ホワイト、ニスのインクが搭載でき、四六全判で、用紙厚0.8mm までのさまざまな基材に対応。各用紙の風合いを生かしたリアルな校正を可能にします。

アイ企画社では、従来平台校正機を2台導入していましたが、繁忙期の担当者の業務負担過多や技術者養成の難しさから、平台校正作業のデジタル化を検討。企業理念である“T.P.D(トータル・パッケージング・デザイン)システム” にマッチし、ホワイトインクの対応や段ボールの素材感を生かした校正、印刷時の見当ズレなどフレキソ印刷の特性の再現性が可能な点を評価され、「Proof Jet F780 MARKⅡ」を採用されました。
現在は2名のオペレーターが4台を操作し、技術者のノウハウは色の標準化や特色の合わせ込みに生かすなど、後継者問題も解消。さらに、基材適性が広い点を生かして、段ボール以外の商材への展開も視野に入れられています。

gpj201224-2-img01.png■アイ企画株式会社 取締役 統括部長 友近 卓也氏 のコメント
「Proof Jet F780 MARKⅡ」は、お客さまにデザイン検討段階で実物に近い試作品を提供し、コミュニケーションを円滑化することを意図した当社の企業理念“T.P.D(トータル・パッケージング・デザイン)システム” に合致しており、高品質を保ちながら、業務負担削減やコスト削減を図ることができる点を評価しました。
次のステップとしては、「Proof Jet F780 MARKⅡ」のメディアの適応幅が広いことを生かして、軟包装フィルムや不織布などに広げていき、新分野に向けての営業スタイルを確立していきたいと思います。

導入事例はこちら

この記事のPDF(755.61 KB)

掲載されている情報は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。