SCREEN

お知らせ

「Truepress JET 520HD mono」向けに上質紙・インクジェット上質紙用の高濃度インク「Truepress ink SU」を発売

2024.05.28

株式会社SCREENグラフィックソリューションズ(以下、SCREEN GA)はこのほど、ロール式高速インクジェット印刷機「Truepress JET 520HD mono」に搭載可能な新たなインクとして、上質紙やインクジェット上質紙用の高濃度ブラックインク「Truepress ink SU(SUインク)」を開発し、販売を開始しました。

概要

ga-img03-01.png「Truepress JET 520HD mono」は、コート紙から上質紙まで印刷可能な万能インク「Truepress ink SC(SCインク)」とセットで、2020年にリリース。現在では、改良を加えたインク「Truepress ink SC+(SC+インク)」との組み合わせにより、モノクロ印刷におけるさまざまなニーズに応える印刷機として、使用いただいています。
モノクロ印刷の需要が最も多い出版市場では、「Truepress JETシリーズ」をはじめ高速連帳インクジェットデジタル印刷機の活用機会が増え、上質紙に対する印刷品質への要求が高まっています。そこでSCREEN GAでは、上質紙への印刷にターゲットを絞り、少ないインク消費量で、高濃度でありながらにじみが少なく、シャープな文字品質を実現するインクの開発を進めてきました。
今後は「Truepress JET 520HD mono」において、コート紙から上質紙まで幅広い用紙適性を持つ「SC+インク」と、上質紙において印刷品質の高さを発揮する「SUインク」を選択できるようになるため、モノクロ印刷物におけるそれぞれの品質要求に合わせた印刷が可能になります。
そして、デジタル印刷機の利便性、高速連帳インクジェットデジタル印刷機の高生産性、デジタルワークフローとの親和性、搭載インクによる高品質印刷の組み合わせにより、次世代の印刷物の生産環境につながる提案を行っていきます。
なお、「Truepress ink SU」による印刷サンプルおよび「Truepress JET 520HD mono」の実機は、2024年5月28日(火)~6月7日(金)にドイツ・デュッセルドルフで開催される「drupa 2024」での展示を予定しています。
当社は今後も、ユーザーをはじめ皆さまのより良い暮らしと持続可能な社会づくりのため、印刷文化の担い手として、人のこころを豊かにし、生活に“彩り”を創り続けていきます。

*TRUEPRESS、Truepress JET、Truepress inkは日本またはその他の国における(株)SCREENホールディングスの商標または登録商標です。

 
この記事のPDF(413.59 KB)

掲載されている情報は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。