Ritecontrol SE

特長

さまざまな作業状況に応じて効率的に出力処理の割り振りを行います。

複数台のTrueflow SEを統合管理

複数台のTrueflow SEを導入している状況において、多種多様なJobの最適な割り振りをRitecontrolで指示でき、バランスの取れた稼働状況を実現。効率的な刷版出力が可能となります。
また、急ぎの仕事を製版処理の条件によりいくつかのグループに分割し、複数のTrueflow SEに分配して並行処理することもでき、納期の短縮が図れます。


ロードバランス機能

Trueflow SEは、出力演算に特化したFlatRunner SEと連携することで、プリフライト等の入力処理と面付け以降の出力演算処理の分散が図れます。このとき、出力演算処理により負荷がかかる状況においては、FlatRunnerを増設することで生産性を拡大できます。
Ritecontrol SEは、Trueflow SEから次々と供給される入力処理済みのデータを複数のFlatRunner SEにバランスよく配分。出力演算処理の効率化によるCTPの稼働率向上を支援します。例えば、ページ数が多い仕事は、1Jobをいくつかの折り単位に分割し、複数のFlatRunner SEで分散処理するといったことも自動で行えます。


印刷・加工工程との連携

Ritecontrol SEはMISと連携することにより、製版情報の後工程への発信を自動で行います。インキキー制御用PPFと折り・断裁情報のPPFをジョブ単位で管理し、ジョブIDとともに印刷・加工工程に供給。後工程では、MISから送られてくるJDFのジョブIDとPPFデータを自動的に整合することができ、設定間違いのない前準備作業が可能となります。
MISを導入されていない場合、指示書に書かれているジョブIDをRitecontrol SEで入力し、後工程に転送することも可能です。 ※対応ベンダーに関しては、弊社担当営業にお問い合わせください。


台割りパターン情報の提供

予めTrueflow SEで作成された台割りパターン情報をMISに提供。受注段階でMISから刷版出力に直結した台割りを選択指定することができ、見積り作業の迅速化・正確化が図れます。
加えて、生産工程で設定内容を利用することができ、再入力の手間を省くことができます。
※対応ベンダーに関しては、弊社担当営業にお問い合わせください。


複数台のTrueflow SEを統合管理

刷版出力作業を分散処理する場合は、Ritecontrol SEより複数のPDFをTrueflow SEに効率的に配分。表紙まわりはカラーで本誌はモノクロというように印刷仕様の異なるページが混在する仕事を、製版条件ごとの単位で並行処理するといった運用を実現します。


ロードバランス機能

Ritecontrol SEのロードバランス機能により、1Jobの出力演算処理を負荷分散することが可能です。 Trueflow SEから供給される入力処理済みデータを折り単位で自動的に分割。複数台のFlatRunner SEに効率的に配分し、分散処理します。

このページの先頭に戻る