PRINT 17 会場速報 Vol.1

Print_1st_img01.jpgPRINT17 開幕
9月10日(日)に米国・シカゴのMcCormick Placeで世界4大印刷機材展の一つ「PRINT17」が開幕しました。
アメリカを中心にたくさんの来場者が訪れ500社を超える出展社が商業印刷やパッケージ、ラベル印刷などさまざまな分野の最新のソリューションをご紹介しています。


Print_1st_img02.jpg

当社ブース(Stand No. 2613)の出展テーマは
「Achieve the Extraordinary in Print」。


Print_1st_img03.jpg最新の高速インクジェット印刷機「Truepress Jet520HD」では、さまざまな新機能を参考出品しています。オフセットコート紙に直接印刷が可能なSCインクを4色+オレンジ、グリーンの6色搭載し、色域拡大による高品質印刷のご提案、及び新開発の内部乾燥装置による薄紙コート紙へ対応、などの技術展示をしております。また、100m/minの印刷スピードを実現する高生産性についてご紹介しています。

Print_1st_img04.jpg最新モデル「Truepress Jet520NX」では、エクストラインクヘッドに磁気インク(MICR)やインビジブルインクなどの機能性インクを搭載した技術展示を行い、セキュリティアプリケーションの拡大をご提案しています。

Print_1st_img06.jpgソリューションプラットフォーム「EQUIOS」は、これらの最新機能に対応。 色域を最大限に生かすカラーマネジメント機能や、多品種・小ロットブック制作でロール紙の無駄を最小限に抑える自動バリアブル面付機能について提案しています。Standard社ブースでホリゾン「Smart Binding System」との連携による、無線綴じ製本自動化ソリューションをデモでご紹介しています。

Print_1st_img05.jpgさらに、今回初出展の「Truepress Jet L350UV+LM」では、安全性を高めた新開発のローマイグレーションインク(低浸透性インク)による食品パッケージ用のラベル印刷、オレンジインク対応による色域拡大、チルローラー搭載による薄膜基材を用いたラベル印刷についてデモを実施し、食用品ラベル分野へのアプリケーション拡大をご提案しています。。

 

このページの先頭に戻る