IGAS2011 会場速報 Part2

フラグシップモデル PlateRite HD 8900Z

一時間あたり67版というシリーズ最速モデルのCTP。
製版工程のさらなる生産性アップで、他社との差別化を図る印刷会社様から注目されています。待機電力を大幅に削減する省エネルギーモードを搭載し、省電力が課題となっている多くの企業にお使いいただきたい環境配慮型のサーマルCTPです。


ワイドフォーマットUVインクジェット

UVインクジェットシリーズからは、多数のサンプルを出展。先日ニュース発表し、多くのメディアに取り上げられた話題の「シースルーグラフィックス」のサンプルも展示しています。
様々な基材に対応し、サイン・ディスプレイやバックリット、インテリア、大型ポスター、POP、店舗什器など用途を限定しない柔軟さが魅力の一つ。是非、ビジネスのヒントとなる新しい印刷表現を会場で探してください。


UVインクジェットデジタルエンボスシステム Scodix1200

国内展示会初出展となるScodix1200は、B2サイズに60μmまでのクリアインクを塗布できるUVインクジェット装置です。ニスコーターやクリアトナーでは難しかった厚盛り印刷が特長で、ベタ面は滑らかで美しく、細かなパターンを印刷することでマット調に仕上げることも可能です。会場では、ライブデモと各種サンプルが用意され、来場客は厚盛りクリアインクが生み出す凹凸に実際に手にとって触れ、その効果を実感しています。


コンプリートソリューション発信基地「ホワイトカンバスMON-NAKA」

9月14日に、報道各社を新たな情報発信拠点「ホワイトカンバスMON-NAKA」にお招きし、見学会を実施しました。IGAS期間中の9月16日から21日は、IGAS会場とホワイトカンバスMON-NAKAを往復するシャトルバスを準備し、前処理から後加工まで、トータルなソリューションをご体感いただける見学会を実施しております。

◆ご見学お申し込み⇒こちら


EQUIOSNET Partnership Program協賛ベンダー会

EQUIOSNET Partnership Program協賛ベンダー会が、9月16日にIGAS2011の開催時間後にホワイトカンバスMON-NAKAで実施されました。15社42名が参加し、これまでのEnd to End Automationの取り組み内容の紹介と今後の方向性についての説明が実施され、今後ホワイトカンバスMON-NAKAがコンプリートソリューションの発信基地になることに大きな期待が寄せられました。


<<<IGAS2011 会場速報 Part1に戻る

このページの先頭に戻る