当社グループは、「共生」「思いやりの心」「次世代育成」を取り組みの柱とし、「サイエンス・教育の支援」「社会福祉」「スポーツ・文化の支援・振興」「環境保全」「地域貢献」の5分野に継続的に取り組んでいます。

環境保全

生物多様性の保全に向けた取り組みの一環として、「森林の利用保全に関する協定」を締結し、従業員の積極的なボランティア活動による森林保全に取り組んでいます。

京都市が推進する「京(みやこ)の生きもの・文化協働プロジェクト」に参画。3カ年計画で、本社事業所(京都市)に花壇を造園し、絶滅寸前の希少植物の生育を進めています。

サイエンス・教育の支援

2009年より「京都モノづくりの殿堂」「モノづくり工房学習」に協賛し、小学生への出張授業を開催しています。2017年度は12校512名の小学生が参加しました。

2015年より文部科学省主催の「サイエンス・インカレ研究発表会」に協賛し、「SCREEN賞」を授与しています。

  • SCREENセミコンダクターソリューションズでは、2015年よりアメリカの高校生向けロボット競技会「FIRST Robotics Competition」に協賛しています。
  • 大学の「企業のCSR実践演習」に出講し、学生とのダイアログを実施しました。
  • 高校生のためのフューチャーフォーラム」に当社グループの技術者が講師として登壇しました。
  • 2010年より「Japan Super Science Fair」で、科学に興味を持つ世界各国の高校生の企業訪問を洛西事業所で受け入れています。
  • 2016年より「トイ・コンテストグランプリ in Kyoto」に、印刷の仕組みを楽しみながら学ぶブースを出展しています。
  • 本社近隣小学校の社会見学に協力しました。
  • 門前仲町事業所では、2012年より近隣の小学3年生の社会科見学に協力しています。
  • 貴重な天体望遠鏡を保存、展示する天体望遠鏡博物館に協賛しています。
  • 「PHP思いやり運動」に協賛し、使用済み切手を集め送付しています。
  • コロンビアビジネススクール学生の訪問を受け入れました。

●スポーツ・文化の支援・振興

2017年10月にベトナムで開催された「APECサミット開催記念展」に出展される型染め芸術作品のレプリカ制作に協力しました。

本社/洛西事業所のロビーにおいて、「天才アートKYOTO」(NPO法人 障碍者芸術推進研究機構)に所属する作家が手掛けた作品を展示し、創作活動を支援しています。

  • ドイツ・ゲッティンゲン少年合唱団の日本コンサートツアーに協賛しました。
  • 2005年より「京都サンガF.C.」のオフィシャルスタジアムスポンサーとして、チームを応援しています。
  • 2014年より「全国車いす駅伝競走大会」に協賛しています。
  • 2014年より「京都レディースオープン」に協賛しています。
  • 2016年より京都市動物園のエサ代サポーターとして協賛しています。
  • 2016年より琵琶湖博物館のリニューアル事業に協賛しています。

●地域貢献

  • 各事業所周辺での定期清掃を実施しています。
  • 彦根事業所では、1990年から地元住民とともに、事業所前を流れる太田川の清掃をしています。
  • 野洲事業所では、「野洲市ごみゼロ大作戦」にボランティアとして参加しています。
  • 2014年より、「祇園祭ごみゼロ大作戦」にボランティアとして参加しています。
  • 1985年頃より、祇園祭の山鉾巡行に「曳き手ボランティア」として参加しています。

●社会福祉

本社/彦根/西京極の各事業所では、昼休みに障がい者就労支援施設で作られたクッキーや雑貨小物などの販売を月に1回程度行っています。

Inca Digital Printersでは、従業員がさまざまな募金イベントに参加し、チャリティー団体に寄付をしています。

  • SCREEN HD Koreaでは、創立記念行事として、ソウル老人福祉センターでボランティアを行いました。
  • 2010年より、喫食するごとに発展途上国の子どもたちに1食の給食が届く「TABLE FOR TWO」活動に協賛しています。2010年からの累計で12万食以上の給食を届けたことになります。