当社グループでは、企業理念に基づき、全役員、従業員が心掛けるべき基準を「行動規範」として定めた「SCREENグループCSR憲章」を制定しています。
「CSR憲章」には、一人一人の基本的人権を尊重するとともに、ハラスメント・児童労働・強制労働・人権侵害への加担の禁止、労働者の権利・文化・慣習の尊重などを明記しています。
顧客や仕入先で働く人、近隣住民、株主など、あらゆる関係者の人権を尊重し、公正で誠実な対応を行うよう心掛けています。

社内向けポスター

また、各職場でのハラスメント行為を防止するために社内教育を行うとともに、ハラスメント相談窓口や内部通報窓口を設けて人権侵害に関する問題の通報や相談を受け付けています。各窓口では、当社グループ社員と同様、派遣社員や構内協力企業の皆さまからの通報・相談も受け付けています。

法令違反や不正行為の防止および早期発見を目的として、国内外グループの全役員・従業員や取引先様従業員が直接アクセスできる内部通報窓口を設置しています。窓口の運用では、秘密厳守や通報により不利益を被らないように社内規定で定めているほか、匿名での通報も受け付けています。当該窓口は、法務・コンプライアンス室によって運営するほか、社外の弁護士事務所、エージェントなどの運営による窓口も設けています。

<SCREENグループの人権尊重の主な取り組み>

2007年
  • ハラスメント相談窓口や内部通報窓口を設け、通報・相談の受け付けを開始
2011年
  • 全社ハラスメント教育実施
2012年
  • セクハラ・パワハラ防止講習会を全役員・従業員に実施
  • 新入社員教育・中途採用者教育の一環で、人権教育を開始し、継続中
2013年
  • e-Learningによるパワハラ防止教育を全役員・従業員に実施
2014年
  • 未受講者への対応のほか、各部署での個別教育等のため「パワハラ防止教育」DVDを制作
  • SCREENサプライヤー行動規範発行
  • サプライヤー調査の中で各購入先さまの紛争鉱物の使用状況の把握に努める
2015年
  • SCREENグループCSR憲章・行動規範制定
  • CSR憲章・行動規範講習会を全役員・従業員に実施
  • サプライヤーCSR調査実施
2016年
  • CSR憲章・行動規範のe-Learningを全役員・従業員に実施。以降、毎年実施を継続中
  • 国連グローバル・コンパクトに署名
  • セクシュアルハラスメント防止教育をSCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)の全役員・従業員、GA子会社の全役員・従業員に実施
  • 社内教育向け動画コンテンツ「セクシャル・ハラスメント」を制作し、「CSRトーク」の取り組みとして部門単位で意見交換を実施
2017年
  • SCREENセミコンダクターソリューションズ(SCREEN SPE)購入先さま約60社を対象に、人権・労働関係を中心とした調査を実施
  • パワーハラスメント防止教育をSCREEN GAおよびSCREEN PE ソリューションズ(SCREEN PE)の全役員・従業員、GA子会社の全役員・従業員に実施
  • 社内教育向け動画コンテンツ「パワー・ハラスメント」を制作し、「CSRトーク」の取り組みとして部門単位で意見交換実施
2018年
  • SCREEN SPE購入先さま約70社を対象に、人権・労働関係を中心とした調査を実施
  • 社内教育向け動画コンテンツ「LGBT」を制作し、「CSRトーク」の取り組みとして部門単位で意見交換を実施
  • 協力企業連絡会においてハラスメントに関する注意喚起および教育指導、社内教育資料の紹介を実施

<取り組みにあたり参照している規範と基準>

●世界人権宣言
●国連腐敗防止条約
●国連グローバルコンパクト
●エシカルトレーディングイニシアチブ
●ILO 安全衛生における行動規範
●OECD 多国籍企業向けガイドライン
●ドッド・フランク金融規制改革・消費者保護法
●ISO 26000
●OHSAS 18001