燃料電池対応 ロールtoロール塗工乾燥装置

ロールからシート状に切り出したフィルムをロール状のフレキシブル基材に対して精度良く貼り合せを行います。打ち抜き工程、貼り合せ工程、カット工程をライン化しているので、生産の安定性と、生産性の向上に貢献します。主要な部分にモーターを搭載し、TP製造装置で培った多軸の補間制御により、生産安定性及び機種切替の立上げ時間短縮を実現します。

特長

  1. 高精度アライメント
    CCDカメラにてフィルム及び基材をそれぞれ認識し、±50umの精度で貼り合せます。
  2. ローラー貼り合せ
    フィルム貼付け装置で培ったローラー貼りシステムを搭載し、切り出したフィルムを基材に貼り合せます。
    rl-500f_img_01.jpg
  3. ロール搬送
    基材に傷をつけずに精度よく搬送します。間欠搬送においても適正なテンション管理を行い、傷や伸びを抑えます。
  4. ナイフエッジ剥離
    パンチャーでハーフカットしたロールフィルムからナイフエッジ部でセパレータ―とフィルムを分離させて、シート化されたフィルムを取り出します。
  5. 打ち抜き
    片刃、両刃、金型など精密な刃物加工と打ち抜き技術を組み合わせ、フィルムの仕様に合わせた最適な打ち抜きを行います。

装置仕様

両面貼りタイプと、片面貼りタイプの2種類があります。

型式
RL-500F
糊付きフィルムロール寸法
※装置内部でシート化します
幅:498±5mm、外径:500mm以下、厚み:0.05~0.175mm
芯:3inchまたは6inch
フィルムロール寸法
幅500~510mm、外径:500mm以下、厚み:0.1mm
芯:3inchまたは6inch
供給・排出
巻き出し・個片抜き(刃型)
巻き出し・巻取り
ラミネート
ローラー貼り
(常温/両面貼り)
ローラー貼り
(常温/片面貼り)
アライメント

CCDカメラと補正軸による光学アライメント

アライメント精度

±50μm

セパレータ剥離

ナイフエッジ剥離

マシンタクト

20sec/□500mm

装置サイズ (W×D×H)

19,350×3,000×2,200mm

8,650×3,000×2,200mm

お問い合わせはこちら