SCREENホールディングスを知る

SCREENの使命

革命の使命 モノづくりのプロセスに関わり、
世界のモノづくりを変える

革命の使命 築いた技術力を磨き上げ、
新しい事業を生み出す

1943年の設立以来、ガラススクリーンのフォトリソグラフィー技術を起点に、さまざまな要素技術から、SCREEN独自のコア技術を構築。世界が認める優れた製品を生み出してきました。また、SCREENが誇る3つのコア技術を発展、組み合わせることによって、半導体やディスプレーなどの各事業分野へと応用展開してきました。現在、新たな事業領域として「エネルギー」「ライフサイエンス」「検査計測」などの分野をターゲットにしています。

成長の使命 時代の変化と市場が求めるニーズに対し、
スピーディーに応える

SCREENは次々と新たな事業を創出し、時代のニーズに応え続けることにより成長を続けてきました。そして2014年10月より持株会社体制になったことにより各事業分野の独立性が高まり、これまで以上にスピーディーな経営が実現されています。これからも、移り変わりの早いグローバル市場で一歩先を見据えた挑戦を続けることで、大きなビジネスチャンスを見出していきます。

成長のプロセスを楽しめ