採用を知る

研修制度&福利厚生

新入社員研修

挑戦する力を育てる研修制度

主体的に行動することで、変革を起こしていく。常に「次」に向かって挑戦を続けられる人材を育成しています。
新入社員研修では、まずSCREEN社員としての心構えや基礎知識・スキルを身に付けます。
その後、現場での専門教育などを通して実務能力を習得するとともに、ヒューマンスキルやコミュニケーション能力を高めて豊かな人間性を養います。

全体研修
内定式・内定者研修
内定式・入社説明・TOEIC
入社式・導入研修(約3週間)
組織全体の説明のほか、工場見学やビジネスマナー・集中語学研修・経営者の講話・仕事の進め方など
配属後・部門全体のOJT
配属先に分かれ、各部門による3ヶ月~半年間の専門教育がスタート
フォローアップ研修
個人ワークやグループ討議等を通じた1年間の振り返りと2年目以降の成長に必要な知識の習得
技術者研修
[ 共通 ]技術教育講座
SCREENグループの技術者であれば、専攻・配属にかかわらず知っておくべき知識の習得
[ 専門 ]技術教育講座
専攻・配属別の専門講座。
英会話研修
レベルに応じて個人プレゼンテーション、グループでのビジネスロールプレイを行います。
TOEIC
入社前後の英語学習の成果確認を行います。
語学研修
TOEIC
入社前の語学力を確認し、英語教育ガイダンスを行います。
英会話研修
レベル別のクラスに分かれ、ビジネス英語の基礎を学びます。
TOEIC
入社時の語学力を確認します。
英会話研修
レベルに応じて個人プレゼンテーション、グループでのビジネスロールプレイを行います。
TOEIC
入社前後の英語学習の成果確認を行います。
社内制度

働きやすい環境をつくる社内制度が充実

社外ビジネススクール
(MBA/MOT)派遣

選抜研修の一環として社外ビジネススクールへの派遣を行っています。近年では社員の主体性を尊重して「社内公募」も実施しています。
2年間でのMBA取得や技術者の育成を目的として自己のキャリアアップにつなげています。

特許報奨金制度

特許の出願・登録をした社員に対して報奨を行う制度です。新技術の発明や技術の発展に貢献する技術者を応援します。
特許の出願数が多い社員には、全社の技術発表会で表彰も行われます。

平均有休取得率78%

年間23日の有給休暇が入社1年目から付与されます。過去1年間で社員の平均有給休暇取得日数は18日で、取得率は実に約78%の高水準を誇ります。
ちなみに、厚生労働省の発表では、2015年に勤労者が取得した有給休暇の平均日数は8.8日、取得率は47.6%となっています。

資格取得報奨金制度

会社が指定する資格の取得および検定の合格者に報奨金等を支給し、社員の能力開発に対する意欲向上を推進する制度です。また、社内でTOEICを受験することができ、受験費用を年1回まで会社が負担するなど、語学能力の向上も目指します。

独身寮・厚生社宅制度

自宅から会社まで90分以上かかる場合は、独身寮(借り上げマンション)に入ることができます。また自分でアパート等を借りる場合は、厚生社宅として法人契約を結び、家賃の70%および礼金の一部を会社が負担します。 (例)30歳未満の場合/寮費:給与の約2%
京都地区の場合/会社負担:家賃の70%(5万上限)

フレックスタイム制度

工場を含む全部門でフレックスタイム制度を実施しています。月単位の決められた総労働時間の範囲内で、出社・退社の時刻を社員の自己裁量に委ね、ワークライフバランスを図りながら効率的に働くことができます。 (コアタイム)10:30~14:30

育児休職制度

満1歳に満たない子どもがいる場合は、最大1年6カ月まで育児休職を取得することができます。
また、早期に復職した社員には補助金の給付を行っています。

育児短時間勤務制度

育児休職からの復職後、子どもが小学校4年生になるまで、1日最大2時間、時間を短縮して勤務することができます。
仕事と家庭の両立を支援し、すべての社員が安心して働ける環境を目指しています。

介護支援制度

介護についても、休職制度、短時間勤務制度、部分在宅勤務制度などを導入しています。
ライフステージに合わせた働き方ができる環境を整え、社員の能力発揮を応援しています。

成長のプロセスを楽しめ