SCREEN ヒラギノフォントのサポート情報サイト
本サイトはヒラギノフォントのサポート情報や販売店情報などを掲載しています
ホーム  FAQ  対応情報  ショップ  お問い合わせ |  ヒラギノフォント総合情報サイトトップへ
ホーム > ヒラギノホットラインへよくいただくお問い合わせ > 回答

Acrobat DCのプリフライトチェックにて

エラー「グリフの幅情報が一貫していない」が検出される。

2017年12月21日掲載

解決方法

Adobe InDesign CCから「PDF/X-4」で書き出したPDFファイルを、Acrobat DCのプリフライト機能にてチェック(解析)すると、以下のエラーが検出されます。現在のところ回避方法はありません。

・PDF文書がPDF/X-4準拠ではない
・グリフの幅情報が一貫していない

エラー「グリフの幅情報が一貫していない」は、フォント辞書の文字幅と埋め込まれているフォントの文字幅が異なる場合に表示されますが、弊社での調査においては、フォントの仕様に問題は見つかりませんでした。
また、本現象は「PDF/X-4」で書き出したPDFファイルのみエラーが検出されることを確認しています。

本現象については、弊社よりAdobe社に問い合わせを行い、調査を依頼しております。
Adobe社でも既知の問題「特定のアプリケーション、書き出し方法(PDF/X-4)、フォントの組み合わせにより発生する現象」として認識されており、原因の特定、改善に向け引き続き調査いただいております。
追加情報がありましたら、本ページに順次情報を追記いたします。