Trueflow SE PDF Polisher Pro

特長

生産性を高めるPDFワークフローの構築

確実に出力できるPDFを作成するには

従来、アプリケーションごとに、各々のネイティブデータで、工程間のファイル渡しを行ってきました。互いの生産環境を熟知した工程間であれば、出力条件を合わせることにより、データはスムーズに流れました。
それでも時として、RGB画像が入っていたために印刷色が違う、添付画像が無い、文字化けが発生するといったトラブルが発生しました。また、OS、アプリケーションを限定したり、自由度の限定されたワークフローでデータを流してきました。
出力でトラブルが発生した場合、大幅に後戻りする必要があり、コストや納期に与える影響は少なくありませんでした。
このような、トラブルの発生要因を予め排除し、確実に出力できるPDF/X-1aを作成するのが、 PDF Polisher Proです。


CTP出力の生産効率を高めるには

CTPワークフローの効率化は、CTPの露光スピードの高速化とオートローディング機構によって主に図られてきました。
しかし、エンジンのパフォーマンスに依存しているだけでは、RIPにおいてエラーなどの不具合が発生した場合、工程全体の生産性がダウンします。PDF Polisher Proは、入稿したPS/PDFをプリフライトチェックで確認後、面付けし、CTPから確実に出力できるOutline PDFを作成します。
PDF Polisher ProはワークフローRIPが担っていたプリフライトチェックとCTP出力を分離します。PDF Polisher Proから確実にCTP出力できるOutline PDFを供給し、CTPに直結したRIPを演算出力に専任させることで、生産性を向上します。


PDF/X-1aとは

PDF/X-1aは、フォントを埋め込み、高解像度CMYK画像を配置したPDF1.3形式のファイルです。従来問題であった、 出力先のフォント環境による制限が無くなり、安定した出力が可能となります。
印刷会社の入稿受け入れに適しており、フォントや画像データの添付忘れなどのミスを防ぎ、各種出力装置へ確実に出力します。


Outline PDFとは

Outline PDFは、デジタルフィルムとして、CTP出力に必要な条件をもれなく持っているファイル形式です。製版処理後のデータとして、Outline PDFによるデータの受け渡しが浸透してきており、 出力したデータは、化けることはなく確実に出力できます。
製版処理結果を間違いなく刷版出力工程に渡すことを目的としています。


出力確実なPDF作成を実現する高機能

プリフライトチェック機能

ドキュメント、ページ、カラー、フォント、画像、テキストといったさまざまな項目に対してPDF/Xに準拠した検査と修正を行います。修正ができなかった場合でも、エラー個所を記載したエラーレポートを出力し、前工程における修正を容易にします。
また、プリフライト条件を追加設定する場合には、PitStop Professional (Enfocus社)を用いて行え、様々なプリフライト条件が設定可能です。


出力が確実なPDFを作成

検査、修正後のドキュメントは、ページ単位のPDF/X-1a、PDF/X-3形式で出力できます。また、貼り込み画像を低解像度のRGB画像に変換した、表示確認用のPDFも作成できます。


ICCプロファイルによる色変換

ドキュメント中にRGBオブジェクトが含まれている場合でも、ICCプロファイルを用いてCMYKに色変換します。
ドキュメント中のRGB(CMYK/Gray/Lab)形式のオブジェクトに対して、画像および文字/平網それぞれ個別にICCプロファイルを設定し、CMYK(Gray/RGB)に変換します。デバイスリンクプロファイルも使用可能です。


レシピ変換オプション(選択付属品)

RGBワークフローを積極的に推進するためのオプションです。入稿直前までRGB画像で運用することにより、豊かな階調をもったRGB画像の品質を中間工程で劣化させることなく、要求される仕上がり画像品質を維持し、ワークフロー全体の生産効率を高めます。
ドキュメント中のRGB画像に対して、レシピ(ColorGeniusDCのセットアップファイル)を反映し、RGBからCMYKへの変換を行います。被写体に応じた最適な見栄えを再現でき、シャープネスも拡大倍率に応じた最適なエッジ幅を自動計算します。
Acrobat 6.0のプラグインソフト「Ritepolisher」を使用することで、入稿前に各RGB画像ごとにその仕上がり結果を設定(レシピアサイン)することができます。


日本語フォントのエンベッド

PSあるいはフォントをエンベッドしていないPDFの入稿データに対し、PDF Polisher ProでフォントをエンベッドしてPDF/X形式で出力します。
(PDF Plisher Proでは低解像度フォントを用いることができます。)


台割・面付け機能(選択付属品)

CTP出力を前提とした刷版設計機能をオプション設定しています。簡単に台割り登録でき、予め登録した台割りテンプレートを使用できます。
出力保証されたOutline PDFを作成し、刷版出力サイトのTrueflow FlatRunner SEよりCTPに出力します。また、刷版用の面付けをプルーフ用の面付けに分割指定し、出力することも可能です。


校正出力

バラ校TIFF、面付け後のTIFFを作成し、PDFを転送する前にあらかじめ校正用インクジェットプリンターに出力できます。


Trueflow SE と同一のコア技術

入稿した様々なPS/PDFの最適化については、Trueflow SEで実績のあるコア技術を用いています。
このため、PDF Polisher Proより出力するPDFは、各種RIPへの出力が可能ですが、特にTrueflow SE/Trueflow FlatRunner SEへの出力で、更なる安定性を発揮します。


実践運用例

刷版工程を拡張

従来、CTPを複数台設置した場合、高解像度フォントは各々のRIPに必要でした。PDF Polisher Proを導入すれば、RIPに依存する条件を一元管理でき、CTP拡張時のコストを削減します


2サイト運用を構築

面付け設定をPDF Polisher Proで行い、確実に出力できるOutline PDFを作成します。作成したファイルは、刷版出力サイトのTrueflow FlatRunner SEとFlatWorkerによりCTPへ出力します。
例えば、4ページ毎に面付けしたOutline PDFを、刷版出力サイトのFlatWorkerで大貼り、アクセサリー配置し、Trueflow FlatRunner SEより刷版出力します。


出力先に応じた各種ファイル出力

各種出力条件を、PDF Polisher Proに設定し、出力先に応じたPDF、TIFFを作成します。


ファイルフォーマット

入力ファイル: PS、PDF、PDF/X-1a、Outline PDF
出力ファイル: PDF、PDF/X-1a、Outline PDF、CMYK TIFF、PJOB(PJTF)

※PJOB出力するには、面付機能オプション、PageRIPオプションが必要です。

このページの先頭に戻る