Riteinspect

特長

デジタルデータを確実に検版。 自動処理で操作はラクラク。

デジタル検版で校正精度が向上

Riteinspectは、校正紙やフィルムを使わないデジタル検版システムです。責了データと最終データを比較し、相違や修正ミスを素早く識別して、検版結果を画面に表示。
CTP出力直前に検版するため、欠陥データによる刷版出力を未然に防ぎます。


画面上で修正箇所を効率的に識別

Riteinspect Viewerにより、変更や訂正のあったページを一目で判別可能。
キーボードの矢印キーで修正箇所から修正箇所へ自動的に瞬時にジャンプできるため、確認作業が効率よく行えるとともに、見逃し防止につながります。
また、製版指示の確認ができるため、ノセやトラップの間違いも見逃しません。


検版進捗/折り確認画面表示

画像データに対する検版に加え、くわえ幅、刷版サイズ、印刷機情報と面付け情報などの印刷仕様の確認が可能で、CTPからの刷版出力前に版の最終確認が行えます。
また、その後の印刷スケジュールにあった処理が行えるように検版結果、承認待ちリストを一覧表示できます。


自動処理機能を搭載

ずれ補正などの高機能を備え、正確な検版を実現。操作は入力フォルダを設定(複数設定可能)して検版条件をセットすれば、検版作業は自動的に高速処理。手間のかかる目視作業から、担当者を解放します。


クライアントとの信頼関係の向上

デジタルによる検版作業なので、精度が高く安定した検版が行え人為的なミスが軽減できます。これによりクライアントに検版の精度の高さを訴求でき、信頼関係を深めることができます。
さらに画面での確認だけでなく、検版結果をカラープリンター出力できます。全体を半調にして、修正箇所のみを色分け表示できるため、瞬時に確認できます。


JDFワークフローに対応

Riteinspectは、JDFに対応しており確実な情報の伝達により、生産工程における品質の安定化とミスの防止が図れます。


運用形態に対応した3つの承認モード

(1) 自動承認モード

Trueflow3からのTIFFデータを受け取り、校了データ(プルーフ出力時に作成したデータ)と最終データ(CTP出力用データ)を比較。
検版結果に問題がなければ、データは自動的にCTPに転送され、刷版出力を開始します。


(2) マニュアル承認モード

校了データと最終データを自動的に比較。検版結果に関わらず「承認待ち」状態で一旦停止し、オペレータによる指示が可能となります。
これにより、Jobの優先順位や印刷機のスケジュールなどに合わせて、CTPへの転送をマニュアルでコントロールできます。


(3) 修正指示書承認モード

責了データと最終データを自動的に比較。検版後は、変更・訂正箇所などを表示し、修正箇所や、指示がないのに修正されているようなミスがないかを確認できます。
その後は、オペレータのマニュアル操作で「承認」を許可しCTP出力が開始されます。


Riteinspect導入前と導入後の比較

従来のワークフロー(目視検版での問題)

  • 目視による検版作業は、担当者のスキル・体調・気分などによって左右され、品質基準が一定しない。

  • 修正指示書(責了紙)の品質にバラツキがあるため、修正箇所を見逃しやすい。

  • 市販の検版ソフトは些細な相違も検出してしまい、本来の検版作業がはかどらない。

  • 目視での検版精度を上げると検版作業に時間を要し、生産性が低下する。

  • 刷版上で不具合を発見した場合、その刷版は無駄になってしまう。

  • ノセの確認が困難である。

  • 見落としへの不安感から、ついつい過剰な時間や労力を検版作業に掛けてしまいがち。


Riteinspect導入後のワークフロー

  • Riteinspectにより、一定の品質基準を確保。

  • 刷版面付け済みのデジタル検版なので、変更・修正箇所を見逃さない。

  • わずかな位置ずれや欠けなど、一定の基準より小さい差異は吸収し、効率のよい検版を実現。

  • プルーフ出力と刷版出力の面付け情報を自動的に判別し、面付け間違いによ る ミスを防止。

  • 演算と並行して検版を実行することにより、作業効率への影響を極力回避。

  • 刷版出力前に検版結果が分かるため、刷版の無駄を排除。

  • 特色を含む出力版毎に検版を行うので、ノセ、ヌキの確認が可能。

このページの先頭に戻る