Colorgenius ID

特長

カラージーニアスDCサーバーでPDF/X-1aワークフローを強力サポート

デザイン制作側でPDF/X-1aを作成し印刷会社に入稿する場合、CMYK画像の品質は大変重要です。カラージーニアスDCサーバーとカラージーニアスIDの組み合わせで、変換するCMYK画像にレイアウトサイズに最適なシャープネスが掛けられます。
カラージーニアスIDの導入で、デザイン制作はRGB画像のみで進められます。デザインが確定した後、出稿の前にカラージーニアスDCサーバーとカラージーニアスIDを使ってCMYK画像の作成・差し替えをバッチ処理で行います。
これにより、デザインをクリエイトする時間とデータ処理の時間との分離を実現。デザインに集中できクオリティアップが図れます。
新バージョンからは、さらにシャープネスAI、総インキ量制御が連動し、PDF/X-1aワークフローにおける品質アップを強力にサポートします。

このページの先頭に戻る