Colorgenius AC

特長

マルチイメージセットアップで複数画像を同じ仕上がりに

今やデジタルカメラは、大量の商品撮影などに多く利用されています。しかし、照明・背景など同一条件で、商品のみを差し替えて撮影された画像を個々にCMYK変換すると、バックやモチーフの仕上がりにバラツキができることも少なくありませんでした。新機能のマルチイメージセットアップは、複数の画像に同じセットアップを適用してこの課題を解決、印刷紙面のクオリティアップをお約束します。


Spektacolor運用への対応

RGB→RGB変換の標準データも搭載していますので、任意のRGB画像に対して、Spektacolor運用のように、AdobeRGBカラースペースに準拠した、印刷に最適なHL/SD値に補正された別のRGB画像に変換・保存できます。多色印刷向けの画像最適化ソリューションとしてもフルに活用いただけます。


意図の伝達や微調整はレシピにおまかせ

オリジナル写真である「RGB画像」に対して、簡易な操作でシミュレーションを行い、思い通りの“見映え” をレシピで管理します。
デザイナーや制作側は、好みや意図をレシピで最終仕上がりの「写真」に反映、製版印刷側はレシピから意図を正確に把握、自社の基準に合わせた微調整や、校正後の仕上がり補正が手軽に行えるので、印刷物の制作が画期的に変化、改善されます。
レシピの修正は何度でも行え、最終演算までRGB画像は一切処理されませんので、最も品質の高い状態のCMYK画像で印刷できます。

レシピって?

「素材(RGB)をお好みに合わせてどう料理(CMYK変換)するか?」・・・だから、この変換情報を料理にちなんでレシピと呼びます。
レシピには変換テーブルやキーワードなどの情報がすべて含まれており、全く別のマシン上のカラージーニアスでも同じシミュレーションを再現し確認・共有できます。レシピには、パスワード機能があり、お客様のノウハウ、基準にセキュリティがかけられます。
※レシピファイルは上位互換で動作します。


意図や想いをそのままに再現するAIバイパス

AIセットアップで行う変換モードに対し、このモードはICCプロファイルによるCMYK変換のように、原稿のハイライト/シャドウを変えずにカラージーニアスでCMYK変換する機能です。
あらかじめRGB画像で意図が確定している作品などで有効な機能です。
RGB画像の単純なICCプロファイル変換ではなく、キーワードによる微調整やシャープネスが同時に処理できるので、非常に高い品質が得られます。


スキルレスを加速するシャープネスAI

デジタルカメラの機種、撮影条件に関わらず、RGB画像の解析結果から印刷用画像に最適なシャープネス効果を自動判定・自動最適化します。
シャープネスAIを使えば、機種の違うデジタルカメラの画像を同じ紙面に使っても、もうバラツキで悩むことはありません。


総インキ量制御で印刷用紙の問題も解決

ページもので台割りごとに用紙を変えて印刷する場合など、ページ単位で印刷用紙に最適なCMYKの総インキ量をあらかじめ設定できます。CMYK変換時にはこの設定が実行され、総インキ量を自動制御できます。


印刷トラブルを軽減する解像度変換の制御機能

各画像ごとの解像度やレイアウトサイズによる印刷上の線切れやがたつきを防止するために、あらかじめ画像ごとに解像度変換のオン/オフを指定できます。
※本ソフトウエアはCMYK変換の実演算処理は行いませんのでご注意ください。

このページの先頭に戻る