【販売終了】Riteinfo SE

特長

制作と業務を統合管理し、作業効率をアップ。 それが、Riteinfo SE

シームレスに連携したJDF対応のMIS

Riteinfo SEは、Trueflow SEへRIP、刷版出力指示をJDFで行い、JDFを受け取ったTrueflow SEは、処理を開始します。Riteinfo SEは、Trueflow SEからRIP、刷版作成の進捗情報をリアルタイムに受け取り、この情報を元に工程管理します。Trueflow SEとRiteinfo SEの組み合わせにより、プリプレスの管理を自動化することが可能となります。
例えば、今まで刷版が出力されるまで後工程を含む生産計画を確認することができませんでしたが、Trueflow SEにデータが渡された時点で、生産計画を確認することが実現可能になってきます。
また、同様に、Riteinfo SEはJDFに対応した印刷機コントローラや後加工機への指示や稼動状況の受け渡しが行えます。このように、JDF 対応した機器を導入することにより、Riteinfo SEが印刷工程全体をコントロールして1つのシステムとして最適化利用することができます。
このように、Riteinfo SEは、印刷工程全体のスループット向上に貢献します。


あらゆる情報をトータルに管理

Riteinfo SEは、JDFに対応した印刷機コントローラやCTPでの紙、版材の消費量をJDFにより自動的に取得でき、各使用材料の在庫状況の確認と発注の管理が可能です。
使用材料をリアルタイムに管理できるので廃棄材料の削減が可能です。
また、工程・作業管理機能により、人的パワーを効率化・平均化をすることで、過度の残業による事故を防止するなど、安全衛生面での管理にも利用できます。


オールインワンの管理システム

Riteinfo SEは、JDF 対応はもちろんのこと、見積作成・受注・納品・請求の営業処理から、印刷工程用の生産指示・管理・進捗表示・原価管理・生産部材などの発注在庫管理まで対応。
印刷業界向けのMISとして必要な機能が搭載されています。


ペーパーレスで省力化とミス防止

ペーパーレスにより、従来、各工程で何度も繰り返されていたジョブ名の入力や手書き記入の手間が省け、作業時間短縮と事故防止が図れます。ペーパーレスは、環境問題に取り組む企業として必要なキーワードの1つです。


ISO9000シリーズ認証に対応

ISO9000シリーズの取得、監査に必要な文書として、品質管理文書があります。Riteinfo SEは、品質検査データ入力機能をもっているため、品質管理文書に利用できるデータを自動的に蓄積します。


迅速に作業状況の確認

進捗確認、作業指示のミーティング時間を削減でき、遠隔地の工場の稼動・進捗状況の確認ができます。また、外出先からパソコンを利用した受注対応・納期回答が即座にできます。


連携で各工程間の合理化を実現

Trueflow SEとRiteinfo SEの連携

Riteinfo SEは、工程管理機能によりページ制作の進行状況を把握し、Trueflow SEに対してタイムリーに刷版制作の指示をJDFで発行できます。
JDFには、Riteinfo SEが管理しているジョブID、顧客情報、総ページ数、綴じ方向、仕上がりサイズ、色数などが書き込まれます。 また、Trueflow SEでは、指示をJDFで受信することで仕事の準備時間を短縮できます。
刷版出力の完了ステータスがRiteinfo SEへ返信されしだい、印刷機へ指示を出すことができます。シームレスな連携により工程間の無駄を取り除くことができます。


制作部門

工務が作成した作業指示を確認。その日の作業内容が一目でわかり、素早い対応が可能。
作業完了報告は、営業やクライアントへの進捗報告にもなり、原価計算や原価管理の基礎データになります。

 -作業完了報告時には、その工程における検査項目が表示され、すべての検査項目が『OK』になると、作業完了となります。作業完了にならないと次の工程には進めないので、品質管理が徹底できます。

 -検査で問題となった作業の情報はデータベースに収集され、いつ誰がどんな作業をしてトラブルがあったかを確認できます。


印刷部門

印刷機、紙、インク、印刷方法、通し数の指定を行い、印刷部門への指示書を発行します。指示書は、紙媒体へ印刷する以外にJDF対応機であればJDFとして出力することもでき、迅速で確実な指示伝達が可能です。
JDF対応機から報告された稼動実績は自動的に、工程進捗管理に反映され、リアルタイムに進捗が確認できます。


営業部門

ビジネスの始まりは見積書から。作成した見積書のデータが受注伝票へ、そして作業指示書へと変化しながら流れて行き、最終の請求書の発行まで可能。営業情報をリアルタイムで把握することができます。


業務部門

売上・外注・仕掛・入金照会など、さまざまな管理業務が合理的に行え、スムーズな作業の進行を支援します。そのうえ、他社の見積・会計ソフトなどとの連携が図れ、作業の効率アップに貢献します。


工務部門

営業の受注情報と制作部門の進捗状況が、必要な時にいつでも確認できます。

 -各工程における進捗状況が色別で瞬時に判別できます。(赤は作業遅れ、黄は未着手、水色は、作業完了など)

 -進捗は、担当者別・部門別・印刷機別などさまざまな側面から確認できます。

このページの先頭に戻る