【販売終了】Riteapprove SE

Trueflow SE連携

ファイル送信

外部もしくは社内の制作現場から、Riteapprove SEサーバーにアクセスし、ジョブを指定、オンラインフォームに入力してファイルをアップロードします。
ファイルの送信はSSL接続によって保護されるので、データ漏えいのリスクを回避できます。
RAP4_img2s.jpg

Allow1.jpg

校正確認

製版現場のTruefl ow SEで処理したRIP済データをプルーフとして用いるので、クライアント(承認者)はオンライン上で、より完成に近いイメージでの校正確認ができます。
また、ページ単位で校了の承認指示を出すことができるので、ページ数の多いジョブやページごとに担当者が異なる場合などに便利です。また、修正が必要な場合はコメントをつけて差し戻しすることが できます。
RAP4_img3s.jpg

Allow1.jpg

修正・更新

修正指示が入った場合は、制作現場から再度修正データをアップします。最新のデータは自動的にTrueflow SEへ送られ、RIP済のデータが再度校正データとして画面上で確認できるようになります。
修正箇所は、前回データと比較してハイライトされるので、細かなテキスト修正やレイアウト崩れもすばやく確実にチェックできます。
RAP4_img4s.jpg

Allow1.jpg

出力

クライアントから最終承認の指示がおりると、Truefl ow SE上のステータスが更新されるとともに製版担当者へ自動でメールが届きます。
連絡の遅れや口頭承認によるトラブルを防ぎ、制作から製版出力までのフローを効率化します。
RAP4_img5s.jpg

このページの先頭に戻る