【販売終了】PlateRite News2000S+

特長

段違いの能力を引き出す先進のテクノロジーを集結

ハイスピード出力

64ch光源搭載の「2000S+」は、1時間あたり106版※という驚きのハイスピード出力が可能。
サーマルプレートならではの高品質な網点再現を実現。さらに、一度に2版セットしての連続露光が可能。ローディング回数の削減で、生産性のさらなる効率化を実現します
※1L1W(320×470mm)の2版掛け、1,200dpi時


アップグレードで最適なプレート供給を提供

お客様のニーズに合わせて、フィードトレイ、セミオートローダー(合紙取り機能無し)、シングルカセットオートローダー(合紙取り機能付き)、マルチカセットオートローダー(最大3カセット/合紙取り機能付き)の4タイプをご用意しました。フィードトレイタイプを導入後に、稼働状況によってオートローダーをオプションで追加していただけます。


幅広いプレートサイズに対応

290x460mmから980x685mmまで対応。版の厚さは0.2~0.3mmまでカバーします。


オートバランス機構

プレートサイズと種類を入力し、セットアップ時に選択するだけで、自動的に正確なドラムバランスを実現します。


6 mmクランプ対応

プレートライト ニューズは、標準で6 mmのクランプサイズに対応。画像有効エリアを最大限活用していただけるとともに、多種多様な印刷機に即応します。


各種スクリーニングに対応

SCREENは網点技術としてAMスクリーン、Fairdot(ハイブリッドスクリーン)をラインナップしています。プレートライト ニューズはサーマルCTPならではのシャープエッジな高品質網点で既存の印刷機を活かした、印刷品質の飛躍的な向上を実現します。


リモートモニタリングシステム

プレートライト ニューズの稼働状況を知らせるシステム。ユーザーはWebブラウザで稼働状況を遠隔監視できます。また、Eメールへの転送を通して監視することも可能です。
さらには、サービスセンターで分析、データベース化すれば、これらの情報を利用してマシンを常に最良の状態に保てます。

このページの先頭に戻る