FlatWorker SE

特長

従来工程から簡単にステップアップ

従来のFlatWorkerを刷版部門に設置することにより、従来工程の製版、刷版・印刷の責任分担をそのまま継承して、刷版のサイズに最適な大貼り指示が最適な場所で行えるワークフローを構築できます。


Trueflow SEと連携する機能

Trueflow SEでの面付けに使用する、面付けパターンを作成します。トンボや任意のアクセサリー、背標/背丁などが追加でき、CTP用の刷版設計もできますので、Trueflow SEからCTPへの自動面付け出力も可能です。面付けパターンを作成する部分の機能はフリーウエアになっています。 Trueflow SEでRIP処理されたポータブルジョブを、任意サイズの刷版上に自由に大貼りができます。刷版を出力する直前まで刷版設計の変更ができますので、印刷機の空き状況に応じた柔軟な対応が取れます。Trueflow SEより新たに対応したJDF-JOBのほか、Outline PDF、 RIP'ed PDF、RIP'ed PSも大貼りできます。


各種ワークフローに柔軟に対応 (オプション)

  • マルチページのPDFをページ単位で大貼りできます。また、折りテンプレートに対して、ページを流し込むことも可能です。

  • Facilisの面付け情報を受け取り、刷版上に大貼りできます。

  • ページ単位の1bitTIFFを刷版上に大貼りできます。

  • パッケージの多面付けCADデータを大貼りし、簡単な操作で流し込むことができます。

  • 自動処理ファイル(*fwc)を作成することにより、刷版設計からプレート出力までを自動化します。


刷版設計

用紙やプレートからの仕上がりのはみ出しや、付け合わせたもの同士の重なりなどのチェックを自動で行い、重なった部分を表示します。輪転印刷機に対応し、中心振り分け配置が可能です。


テンプレートの設定

プレート、用紙、折りやページの配置位置や方向なしをテンプレートに登録し、同じ作業の操作性の向上を図っています。面付け折りパターンファイルから、大貼り用のテンプレートを作成することもできます。


アクセサリーの設定

色玉、台番号、印刷マークなどのアクセサリーは、EPSファイルを取り込んで、プレートや用紙の上に配置可能です。ブリード量の変更に応じて連動するトンボを作成できます。


背丁/背標の編集・シミュレーション

テキスト、変数、図形を組み合わせて背丁/背標/袋票を編集し、シミュレーション表示で簡単に確認できます。繰り返すアイテムは、繰り返しを設定し、簡単に設計できます。コピーも設定できますので、背標に「V型」「逆V型」を容易に作成できます。


ページ編集

FlatWorker SEで大貼りされたデータは、Trueflow SEと連携し、ページ単位で編集が可能です。これにより、RIP 処理後に修正ページが発生しても、修正ページのみRIP処理をして差し替えることが可能。RIP 処理後のデータは、プレート、プルーフ、および Windowsプリンタ(Spooler 使用)に出力することができます。


加減焼き対応

本機印刷での用紙の伸びなどによる見当ズレに対する見当加減焼きと、調子を合わせるための調子加減焼きの指示が可能です。出力する版ごとに、見当加減や調子加減をページ単位で設定できます。


プレビュー画面

大貼り後のページの配置状態を画面で確認できます。


殖版機能

パッケージの殖版はもちろん、同一のデータを多面付けするハガキや名刺なども殖版機能を活用することで、効率良く正確な殖版データの作成が可能になります。


ハガキの殖版サンプル

ステップ&リピートの簡単操作で、ハガキや名刺、DMなど、あらゆる商業印刷の殖版データを作成できます。


パッケージの殖版サンプル

パッケージの大きさや形状に合わせてパラメータを設定することで、無駄のない殖版データを作成できます。


パッケージのデジタルワークフローを構築(紙器対応オプション) 

パッケージ特有の殖版に対応

パッケージでは、入れ子など複雑な殖版に対応する必要があります。FlatWokerでは殖版機と同様の発想で配置でき、柔軟に対応します。殖版時に、デザイン時に付加されているトンボやアクセサリーが仕上がり部分に重なってしまう場合でも、あらかじめマスク指定し、仕上がりに重ならないようにします。


後工程の効率化を促進(断裁機対応オプション)

FlatWorkerでは、折り方向(Leftup)、紙サイズ、紙に対する仕上がり位置などを入力します。このデータをPPFデータに変換し、後加工機へ転送します。後加工機では、PPFデータを読み込み自動的に初期値がセットされます。オペレータは紙の伸び縮みなどの固有のマージンを追加設定するだけで、加工をスタートすることができ、入力違いなどのオペレーションミスが激減します。また、ヤレ紙の枚数が減り、コスト削減を実現します

このページの先頭に戻る