EQUIOS Ver.5

連携機能

トナーPODとの連携を強化

activity_s.jpg CTPの出力にとどまらず、すべての印刷における出力センターとしての能力を高めたEQUIOS。各社のプロダクションプリンター(トナー式POD)へも、基本的な出力指示が可能です。用紙情報の取得・管理・指示を行うほか、進捗状況と結果を取得するなど、双方向の連携を強化。小ロット受注の対応をさらにスムーズにします。
pod_2r.jpg


入稿から最終加工までの全工程を自動化

flow.jpg 上位システム(MIS)との連携でさらなる自動化へ
MISで管理・設定した印刷物仕様から自動でジョブ生成・テンプレート選択を行い、刷版の自動出力を実行。MISを工程の統合管理だけでなく、情報伝達ミスの削減と省力化に貢献する生産ツールとして活用できます。また、Web2PrintやEQUIOS Onlineとの連携により、クライアントサイド、制作サイドから直結する効率的な自動化ソリューションを提供します。

後加工機との連携を強化
断裁機や折り機用の設定情報、折り・断裁情報(JDF)をEQUIOSから直接、後加工側へ送ることができセットアップを自動化します。もちろんMISを経由させることも可能です。さらにアクセサリで、各社製本機用のバーコードに対応。落丁・乱丁を防ぎ、自動化を促進します。

FlatWorker SEとの連携
面付け作成システムとしてご利用いただいているFlatWorker SEとの連携が可能です。Trueflow運用でこれまでご利用いただいてきた、置き版の付け合わせや加減焼きデータを使った面付け指示も、EQUIOSに取り込んで演算処理をすることができます。EQUIOSの最新の面付け作成機能とともに、従来のデジタル資産や業務フローを生かしたい方も安心してEQUIOSへ移行いただけます。

このページの先頭に戻る