Truepress Jet520HD

特長

Print Quality

▶ 最高解像度1,200dpi
新開発のグレースケールヘッドを採用した1,200dpi の多階調印刷。中間領域でのグラデーション表現力が非常に高く、粒状性を抑えたなめらかな色再現を可能にします。

▶ マイクロ文字や0.1pt罫線も忠実に
解像度1,200dpiと最小2ピコリットルの液滴で、インクジェット印刷機の課題とされていた「極小文字や細線」までも超精密に再現。にじみやジャギーを抑えた美しい印刷仕上がりを実現します。

■2ポイント文字の印刷結果

■0.1ポイント罫線の印刷結果


▶内蔵スキャナによる品質管理
複数ヘッドの印刷機で課題となるヘッド間の濃度差は、内蔵の品質管理スキャナでチェックし、均一になるよう自動補正します。補正後の情報は、用紙プロファイルとして、用紙単位で登録されます。



Ink and Head control

▶ 520HDの品質を最大限に引き出す専用のインク
耐水・耐熱・耐光・耐薬品などさまざまな性能を備えた専用インクを新開発。オフセットとほぼ同等の幅広い色域で、インクジェットでは類のない高品位印刷を可能にします。

▶ 2ヘッドの増設が可能
CMYK に加え、特色やプロテクターコートなどの特殊インク用にオプションヘッドを準備予定(最大6色まで)。表現の幅が多彩に広がり、クライアントへの提案力が飛躍的に向上します。


▶スマートヘッドコントロール
印刷データに含まれる色を事前に認識し、必要な色のヘッドのみを使用する「スマートヘッドコントロール機能」を搭載。使用しないヘッドはキャップ状態を保持し、インクやエネルギーを効率よく使用します。



Various Capabilities

▶ タッチパネルで簡単操作
事前の用紙情報登録や、細かな設定変更など、ジョブの登録から印刷に至る一連の操作は、すべてタッチパネルで指示と確認ができます。これにより、現場での作業の効率化と、稼働率の最大化を実現します。


基本情報


レイアウト

▶ 幅広い用紙適応力
本機では、ドラムヒーター(標準)と温風ヒーター(オプション:5基まで搭載可)を採用し、用紙に応じた乾燥方法が設定できます。また幅広い用紙で安定した搬送を実現する4軸機構を採用し、一般的なインクジェット用紙はもちろん、再生紙や特殊紙などの特性の違う用紙に、高速かつ高品質で印刷。また、用紙厚も40~250gsm までサポートし、多様なアプリケーションを創出します。


▶ ダイナミックノズルシフト
高速用紙搬送で生じる用紙のゆらぎを、センサーがリアルタイムに検知して、データの印字位置を最適な位置に自動的に調整する「ダイナミックノズルシフト機構」を採用。従来の機構では抑えきれなかった蛇行や斜行の影響を最小限に抑え、常に安定した品質を確保します。

▶ 紙通しアシスト機能
紙の先端を「通紙アシストバー」に固定しハンドルを回すだけで、確実かつ迅速に排出部まで用紙を送ります。安全な操作で、通紙ミスもなく印刷前準備を大幅に省力化します。


▶ イージーメンテナンス
引き出し式のヘッドモジュールを採用。日常のメンテナンスが簡単に行えます。また万一のトラブル発生時にもサポートスタッフがスピーディに対応でき、高い稼働率を実現します。

▶ 確実で安全なインク交換
誰にでもハンドリング可能な10リットルカートリッジや、色ごとに異なるキャップ形状による挿入防止システムなど、人間工学に基づき設計されたインク供給システムを採用しています。また、インク残量の減少に応じて、カートリッジが自動的に傾斜します。


10リットルのインクカートリッジを、各色2個セット可能

このページの先頭に戻る