Truepress Jet520HD

EQUIOS Ver.3.1

equios_logo.jpg
SCREENが長年培った印刷・製版の技術やノウハウを活用し、最先端のインクジェット技術の可能性を最大限に引き出すユニバーサルワークフロー「EQUIOS」。
Adobe PDF Print Engine3とMercury RIPアーキテクチャによる高速処理、用紙情報にリンクした新開発のカラーマネジメントシステムの搭載、製版のノウハウを集約した使い勝手のよい面付け機能など、豊富な経験に基づくプロフェッショナルのノウハウを凝縮し、経験に依存しない使いやすい操作環境をご提供します。


ユニバーサルワークフロー

EQUIOS_UW.jpg EQUIOSユニバーサルワークフローは、出力機ごとに特化したシステムではなく、デバイスが異なる場合でも同一のユーザーインターフェースからの操作を可能にするワークフローコンセプトです。製版で培ったノウハウと高速バリアブル印刷を実現する様々な機能を融合し、CTPとPDFをトータルでサポート。
最新のRIPコアがもたらす高速処理、用紙情報にリンクした実践的で容易なカラーマネジメント、製版のノウハウを集約した使いやすい面付け機能など、豊富な経験に基づくプロフェッショナルのノウハウを、オペレーターの経験に依存しない使いやすさで提供します。


Mercury RIPアーキテクチャ

520HD_adobe.jpg Mercury RIPアーキテクチャとは、デジタルプレス及びバリアブル印刷で特に必要となる、超高性能なレンダリング処理のための、Adobe PDF Print Engineのスケーラビリティフレームワークと多層的キャッシュを総称したテクノロジーです。
EQUIOS for TP-J520HDに、Mercury RIPアーキテクチャを搭載しています。


DMや請求書、ブック制作に適した面付けをテンプレートで標準搭載

ロール紙に印刷されたDM や請求書、ブックのコンテンツを効率的に後加工するには、それぞれの用途に適した面付けが重要ポイントです。EQUIOSには、ロール紙加工に適した面付けテンプレートを標準搭載しており、簡単操作でジョブ作成が可能。さらに、デジタル印刷の後加工に求められる制御マークやバーコードも簡単設定でき、面付けレイアウト作成をサポートします。


大容量データや高解像度画像も超高速でRIP処理

連帳印刷において、出力データの演算スピードは、印刷機の稼働率を左右する重要なファクターです。EQUIOS の「スマートバリアブルデータプロセッシング」は、各ページの共通部分を1回の演算のみでキャッシュし、RIP 処理の負荷を最小化。大量のバリアブルデータや高解像度画像でも、生産性を落とさず高品質な印刷を可能にします。


最適なカラープロファイルを自動選択

RGBやCMYKをはじめとしたさまざまな色空間の入稿データを、簡単に「JapanColor」や「G7」「FOGRA」などの基準のカラーに合わせることができます。その後、出力機と用紙の種類を選択すると、登録したICCプロファイルが自動選択されるため、煩雑な操作をすることなく、プロフェッショナルな仕上がりが実現します。


高精細印刷を支える独自のスクリーニング技術

独自のスクリーニング技術を採用し、ハイライト・シャドウ領域から中間領域まで、画像の濃淡に応じて最適な階調表現を実現。モアレや線切れなどを抑え、高精細な印刷結果をご提供します。


特色エディター

特色をリストから選択し、パッチを印刷。印刷結果を確認し、画面上のターゲットの近似色を選択することにより、特色(疑似色)のプロファイルとして登録します。以降はこのデータが自動選択され、入力データに含まれる特色を登録色として自動運用できます。

このページの先頭に戻る