PlateRite 4600Z/S/E

特長

高品質

4600_img_02.jpg 安定的な露光を実現する独自技術

網点を忠実に描画する新開発露光ヘッド
安定的な露光を実現するため、PlateRite 8600シリーズで定評のある「ファイバーレーザーダイオード」を光源を採用。露光ビームの縦横対称性により、縦線・横線のバランスが良く忠実な網点描画が可能となり、印刷品質が大きく向上します。

高速でも安定したドラム回転
光源をプレートに極限まで接近させることで、よりシャープなイメージングが可能。また、独自のクランプ技術とオートバランス機構により、プレートサイズを問わず安定した高速露光を実現します。

4600_img_03_e.jpg オートバランス機構
プレートサイズと種類を選択するだけで、必要な調節を自動で行い、正確なドラムバランスをキープします。


生産性

4600_img_04.jpg 生産性を最大限に引き出す「オートローダー」
プレートの供給・露光・搬送・現像・排出を自動化する「オートローダーシステム」をご用意。長時間の連続自動運転を可能にし、生産性と印刷機の稼働率が大幅に向上します。


印刷機へのセットアップを効率化
パンチ機構
プレートサイズと印刷機に合わせて、さまざまな形状のパンチをサポート(最大6個までのパンチブロックに対応)。露光直前に自動で高精度にパンチングできるため、印刷機にセットする際の作業時間を大幅に短縮できます。


対応プレートサイズの拡大
4600_img_05.jpg 小サイズ版にも対応(オプション)
最小270 × 330 mmまで対応する「小サイズ対応」をオプションでご用意。レタープレスにも柔軟に対応します。
※制限事項がありますので、詳細は弊社営業担当者にお問い合わせください。


離れた場所からでもCTPの状況を常にチェック
4600_img_06.jpgリモートモニタリングシステム
WebブラウザやEメール※を使って、離れた場所からでもCTPの監視・管理が可能な「リモートモニタリングシステム」。装置の正常動作を確認できる自己診断機能を搭載し、トラブル発生時にも必要なパーツの判断が簡単に行え、より迅速な装置復旧をサポートします。また、サービスセンターにEメール※を自動送信することで、保守・点検作業を効率化。CTPを常に最高のコンディションに保ちます。


先進のワークフローシステム「EQUIOS」
生産性を最大限に引き出すワークフローシステム「EQUIOS」との連携により、ノンストップの自動化と、ミス・ロスの最小化を両立。簡単操作で効率的なCTP運用を可能にします。

4600_img_07.jpg簡単操作で手間なしの連続処理
- In-RIP面付けによる効率的なワークフローを構築
- CIP4準拠の折カタログを搭載し、面付け設計も簡単・確実


4600_img_08.jpg最新のAdobe PDF Print Engineを搭載
- 徹底した事前検証に基づく、安心の出力結果をご提供
- 圧倒的な演算スピードを実現

このページの先頭に戻る