LabProof SE Ver.2.3

特長

高いスキルは不要。複雑な調整はLabProof SEがサポート

カラーマッチングテーブルの自動作成
ターゲットとなるカラーチャートの測色結果やICCプロファイルなどから、LabProof SE は最適なカラーマッチングテーブルを自動的に作成します。

自動色調整機能
色調整では、プリンターからのチャート出力と測色作業を繰り返し行うことで、ターゲットとなる印刷物に極めて近い色再現となるよう自動最適化を行い、高精度のカラーマッチングが可能となります。
※ 測色機内蔵のプリンターを使用すれば、印字と測色が連続して自動で行えます。

Lab_img_01.jpgマッチング精度は数値で判断
マッチング精度はΔE 表示されるため、プリンター出力の精度を数値で客観的に判断できます。



Webブラウザ経由で指示や確認をカンタン操作/複数のプリンターに同時出力可能 [オプション]

Lab_img_02.jpg サーバー/クライアント方式を採用。プリンターから離れたデザインや製版部門からも、ネットワーク上のクライアントPCから直接ジョブ投入や進捗確認が行え、作業性が向上します。
・クライアントはWin/Mac両方に対応します。


オフセット印刷環境では…

印刷本機を使わず、簡単操作で高精度なカラーマッチングを実現します。


Lab_img_03.jpg

測色結果を判別し、常に高い色校正精度をキープ [オプション]

Lab_img_04.jpg 出力したプルーフを測色し、その結果がターゲットのカラーマッチングの基準を満たしているかを判定する「LabProof Certify」。プルーフ1枚ごとに結果保証を付与し、さらに信頼性の高い色校正を安定的に提供します。
・ 接続プリンターの機種によっては、描画後の測定を自動で行い、判定結果をそのまま印字することも可能です。


Japan Color認証取得

LabProof SE は、Japan Colorプルーフ運用認証の対象製品です。対象となるプリンター、用紙と組み合わせて、信頼性の高いプルーフを安定してご提供します。ユーザーが認証を取得する場合も、多くの項目が免除されるなど多くの特典があります。
※詳しくは、弊社営業までお問い合わせください。

Kaleido認証

内蔵されているセットアップデータを使用し、「Kaleido Ver.4.0」の広演色をシミュレーションしたプルーフの出力が可能になります。

※Kaleido認証制度とは
・ 東洋インキSCホールディングス株式会社の4色広演色枚葉プロセスインキ「Kaleido」に対する色再現を認証する制度です。
・ 「Kaleido」「広演色」は、東洋インキSCホールディングス株式会社の登録商標です。
・ 認証条件(使用プリンターや用紙)などについては別途お問い合わせください。

JMPAカラー対応

LabProof SE は、日本雑誌協会(JMPA)が定めた色基準であるJMPAカラーVer.3.01に対応。ご提供するJMPAカラーVer.3.01カラーターゲットに対してカラーマッチングを実施することで、雑誌掲載時の色味を制作段階で高精度に確認することが可能です。


紙器・パッケージ印刷環境では…

本紙印刷・広色域再現(CMYK+オレンジ、グリーン)に対応。
6色プロファイルにより、さらに高精度な特色のマッチングを実現します。


Lab_img_05_r.jpg

強化された特色機能

Lab_img_06_r.jpgDICやPantoneのカラースウォッチを選択するだけで、最適な特色を再現できます。また、出力Jobに使用されている特色をリスト化しPDFを作成する機能や、印刷する特色に対して赤味・青味・黄味などを増減した周辺の色をバリエーションとして印刷し、その中から最適な色を選択することで、さらに色精度を追い込むことができます。


本紙校正インクジェットプリンターに対応

本紙・特殊紙・薄紙・蒸着紙に出力できる本紙校正用インクジェットプリンター「Proof Jet F780」と連携し、本機印刷物レベルのプルーフを出力できます。


オプション

ドットプルーフオプション
2400dpi/175線など、高解像度の1bitTIFF画像をオリジナルに近い網点で出力でき、よりオフセット印刷物に近い仕上がりで確認できます。

LabProof Certify オプション
プリンターから出力したプルーフを測色し、その結果がターゲットのカラーマッチングの基準を満たしているかを判定します。

複数プリンター同時演算オプション
1台のLabProof SEに対して、同一機種・異機種を問わず、複数台のプリンターとの接続が可能です。
※ プリンターの接続方法により、本機能を利用できない機種があります。

このページの先頭に戻る