ホーム > 製品情報 > CiQM > 用語集

CiQM

用語集

カラーマネージメント 用語集

ICCプロファイル
(アイ・シー・シー・プロファイル)
モニタ、スキャナ、プリンタ、印刷機などの各デバイスの色再現を数値化し、ICCの規格に沿って記述したファイルのことです。ICCは「国際カラー・コンソーシアム」のことで、1993年に設立。株式会社SCREENグラフィックソリューションズもメンバーになっております。
デバイスの色特性は変換テーブル(ルック・アップ・テーブル)で表され、必ずCMYK(RGB)→LabとLab→CMYK(RGB)の、双方向のテーブルを記載することになっています。
Lab
(エル・エー・ビー、CIELAB:シーラブとも言います)
正確には、CIE 1976 L*a*b*と言います。L*は、エル・アスターなどと呼びます。国際照明委員会(CIE)が、1976年に推奨した表色系です。色を客観的数値で表すことができ、特にLabは、人の色感覚に近い、均等な色空間としてよく使われます。
Lは明るさで、0(黒)~100(白)、aは+aが赤方向、-aが緑方向です。bは+bが黄方向、-bが青方向です。グレーはa、bとも0です。
ΔE
(デルタ・イー)
色と色(Lab)の距離、すなわち色差の事です。色見本などの許容差は3程度、コーポレートカラー等は6程度と言われていますが、グレー近傍では3未満でも差異がわかる事があります。
デバイスリンクプロファイル 入力と出力のプロファイルをドッキングし、例えばLab値を介さずCMYKからCMYKへ直接変換できるプロファイルです。通常のICCプロファイルは各デバイスの色再現の数値化ですが、デバイスリンクプロファイルはこれにキャリブレーション等を加えることができます。
ガマット
(gamut:色域、「しきいき」と言います)
ガマットはそれぞれのデバイス(モニター、インクジェット、印刷)が再現できる色再現領域を表します。
インテント 異なる色空間の間では互いに存在しない色があります。色変換を行う場合はこれをマッピング(存在しない色をどの様に表すか)する必要があります。
ICCではその方法をレンダリングインテントとして,知覚・彩度・相対・絶対という4つの方法が使われています。
AdobeRGB
(アドビ・アール・ジー・ビー)
アドビシステムズ社が提唱したRGB色空間の定義です。sRGBなどに比べて広い色域を保持できる為、印刷への親和性が高くなっています。
sRGB
(エス・アール・ジー・ビー)
モニターやデジタルカメラなど多くのパソコン周辺機器で使われている、一般的なRGB色空間です。
Japan Color
(ジャパン・カラー)
社団法人日本印刷産業機械工業会のISO/TC130国内委員会が作成した国内唯一のオフセット印刷の色基準です。現在、枚葉標準印刷見本として、「Japan Color 2001」が配布されています。株式会社SCREENグラフィックソリューションズも「Japan Color 2001」契約ベンダーとなっております。
JMPA Color
(雑誌広告基準カラー)
日本雑誌協会が中心になり、印刷会社、広告代理店、出版社の協議によって作成された規格で、雑誌広告の校正をDDCPで再現する色基準が決められています。
分光光度計・分光濃度計・濃度計 標準印刷をおこなうには、ハンディな測定器が必要です。測色には分光光度計が、濃度測定には濃度計が使われます。測色も濃度測定も可能な分光濃度計が便利です。
このページの先頭に戻る