Scodix Ultra Pro

特長

見て。触れて。感性に響く『Scodix SENSE』

大量の情報媒体の中から受け手の心をつかむには、目を引く効果、手に取った時の驚きが必要です。 Scodix Ultraシリーズが生み出す厚盛りニス加工『Scodix SENSE』は、表面の凹凸を実際に見て触れて感じてもらうことで、読み手に長く残る驚きと印象を与え、印刷物の付加価値を高めます。
商業印刷はもちろん、グリーティングカード、POP、パッケージ、ペーパーバッグ、各種カード、フォトブックなど、さまざまなアイテムにScodixが活用されています。



高精度見当合わせ「Scodix RSP」

印刷物に高い加飾効果を生み出すには、対象となる印刷物に応じた正確な位置合わせ精度が求められます。
Scodix Ultra Proは、用紙の位置合わせマークを4つのCCDカメラで1枚1枚読み取り、位置・角度のズレや伸縮を計測して最適な補正データを作成。印刷対象位置を常に正確に把握し、細かい文字の上にも高精度でオーバープリントするため、仕上がりズレによる損紙ロスを最小限に抑えます。

su_img01.jpg

実用レベル1,109枚/時(B2サイズ)の生産性

デジタル印刷機の設計思想から開発した、専用の大量処理フィーダーを搭載。B2サイズ用紙の場合、実用レベルで1時間あたり最大1,109枚という高速処理が可能です。


高速搬送を支える安定性

鋳物製シャーシを用いた堅牢な筐体による優れた耐久性と、バキューム方式による用紙固定機構により、用紙を常に高速かつ安定的に搬送。Scodix Ultra Proの誇る最高水準の加飾精度を高い安定性で維持します。



表現力をさらに豊かにする拡張機能

Foilユニット(オプション)

su_img02.jpgScodix Ultra Proとインライン接続できる専用の箔処理装置「Foilユニット」との組み合わせにより、箔とニスをワンパスで処理できます。独自の高精度位置合わせ機能「Scodix RSP」により、異なる色の箔を隣接させたり、箔の上にニスを重ねることもできます。従来できなかった加飾効果により、他にはない高付加価値印刷を実現します。



ホットでもコールドでもない、新発想の箔処理プロセス「Scodix PAS(特許)」

su_img03.jpgScodix Ultra Proで印刷したポリマーの硬度を、3段階のUV露光で最適化させ、箔を定着させる「Scodix PAS」。温湿度に左右される、印刷物にこびりつく、熱によるダメージ、などホットフォイルで見られる課題を解消し、安定性と耐久性の高い箔処理を可能にします。



バリアブル印刷(バーコードオプション)

su_img04.jpg印刷物にあらかじめ印刷されたバーコードやQRコードを読み取り、事前に登録したニスデータと自動的にひも付け。パーソナルな印刷物に、バリアブルのニス加飾による新たな演出が加わります。



点字印刷オプション

su_img05.jpg粉体トナー印刷部位に、最大約250μmのデジタル点字を高精度に印刷。ユニバーサルデザインを意識した付加価値印刷物を、1部から出力できます。

  • 粉体トナー印刷物以外では、インクが広がり、十分な高さを得られない場合があります。
  • トナーPODの機種によっては、十分なインク密着性が得られない場合があります。JIS規格では、点字の高さは、300~500μmと規定されています。 事前にテストの上、利用可否をご判断ください。
このページの先頭に戻る