「IGAS2015」に「印刷のあたりまえを変えていく。」をテーマに出展

株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ(代表取締役社長:青木 克彦 以下、SCREEN GP)は、2015年9月11日(金)から16日(水)まで東京・有明の東京ビッグサイトで開催される国際総合印刷機材展「IGAS2015」に出展。
「印刷のあたりまえを変えていく。」をテーマに、業態変革を目指す印刷業界へ新たなソリューションを提案します。

 

今回の見どころ

近年、WebサイトやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などの急速な普及により、印刷メディアの付加価値が相対的に下がってきています。印刷メディアがその付加価値を取り戻すためには、印刷物、そして印刷業界においてこれまで「あたりまえ」だと考えられていた「画一的な情報を大量に印刷すること」「“紙”という印刷物の価値」「紙メディアとデジタルメディアの役割の棲み分け」「クライアントとのコミュニケーション方法」をどう打ち破っていくのかを考えていかなければなりません。
当社は、このような「印刷のあたりまえを変えていく」ための具体的なソリューションとして、最新のPOD印刷機による多品種・小ロット印刷、セキュリティー印刷、フルカラーバリアブル印刷、特殊加工システムによる印刷物の付加価値向上の手法、マーケティングオートメーションの活用などをご提案。タイムリーで効果的なプロモーション展開、制作ワークフローのさらなる効率化などを実現します。

当社ブース(東3ホール ブースNo.3-2)のイメージ図

 

 

出展の概要


tp-J_520HD.jpg ■ Truepress Jet520HD
オフセットに迫る印刷クオリティ、高速フルカラーバリアブルを実現した「Truepress Jet520HD」を国内初出展。Web入稿システムや後加工機と連携した小ロットブックソリューションやバリアブルデータ作成システム、マーケティングオートメーションなどと連動したOne to Oneダイレクトメールの制作ソリューションなどをご紹介します。

TP-J_L350UV.jpg ■ Truepress Jet L350UV
世界最高レベルの高生産性、高画質、フルカラーバリアブルを実現したUVインクジェットラベルプリンティングシステム。
「PDFormstudio」と連携したバリアブルデータ印刷、カラーコードなどによるセキュリティー印刷ソリューションをご提案します。国内初出展となる後加工システム「JetConverterL350」とインライン接続した構成による印刷から仕上がりまでのトータルフローをご紹介します。


TP-J_W3200UV.jpg ■ Truepress Jet W3200UV
ロールtoロールユニットを搭載した最新モデルを国内初出展。さまざまな基材に対し、高速、高品質、高コストパフォーマンスで印刷可能。POP、屋外広告、サイン、看板まで、1台で店舗のあらゆる装飾の提案に対応できます。
実際に活用されているビジネスサンプルやトリックバックリットなどの大型サンプルを展示します。


■ EQUIOSワークフロー
ユニバーサルワークフロー「EQUIOS」の最新バージョン「Ver4.5」は、強化した面付け機能の自動化やトナーPODとの連携などによるプロセスオートメーションをご提案。また、オンライン入稿/校正/承認システム「EQUIOS Online」Ver.3による印刷会社とクライアントのコミュニケーションを強化する新たなフローをご提案します。


■ CTP
新開発の「ファイバーレーザーダイオード露光ヘッド」を採用したサーマルCTP「PlateRite 4600」を国内初出展。1時間当たり33版の高生産性を実現します。


motioncutter.jpg ■ 付加価値ソリューション
デジタルカッティングシステム「motioncutter」、デジタルエンボスシステム「Scodix Ultra」を国内初出展。特殊加工による紙メディアでの新たな表現の可能性をご提案します。


■ サポートソリューション
オンサイトサポートに加え、Networkサポートにより導入後も万全の体制で機器の安定稼働をサポートする「TRUST Network Service」。運用の最適化を図り、安定した生産基盤を構築します。


■ CMSソリューション
フィードバック方式による高精度な装置間色調整をクラウド上で行うソフトウエア「TRUST Profiler」を国内初出展。
また、信頼性の高いプルーフ環境を提供するカラーマネジメントソフトウエア「LabProof SE」Ver.2.22もご紹介します。

この記事のPDF(930KB)