「page2013」に「Shift to EQUIOS」をテーマに出展

「page2013」に「Shift to EQUIOS」をテーマに出展
~大日本スクリーン製造/メディアテクノロジー ジャパン出展概要~

 大日本スクリーン製造株式会社と、国内販売会社の株式会社メディアテクノロジー ジャパンは、2013年2月6日(水)から8日(金)まで東京・池袋のサンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで開催される印刷・メディア業界の展示会「page2013」に、「Shift to EQUIOS」をテーマに出展します。

 今回の「page2013」においては、ユニバーサルワークフローのコンセプトを進化させたワークフローシステム「EQUIOS Ver.2」をご紹介。主な特長として、①Trueflowとのさらなる融合-Trueflowからスムーズにデータ移管でき、ホットフォルダや従来のジョブが使用可能 ②オープンインターフェースによる全体最適-CSV形式の作業指示書をサポートし、JDF非対応の管理システムとも柔軟に連携 ③各社プロダクションプリンターとの連携強化-プロフェッショナルな面付け機能により、急な出力先変更にも柔軟に対応 ④ローコストオペレーションの実現-簡単な操作で製版・刷版工程の自動化ワークフローを設計でき、オペレーション作業やコストを削減-などを実現しています。また、オンラインで入稿や校正、承認を可能にする「EQUIOS Online」の最新版も出展。クライアント(発注者)でも容易にお使いいただけるユーザーインターフェースを実現したほか、パソコンだけでなくiPadをはじめとしたタブレット端末でも同様に操作が可能。外出先やクライアントとの打ち合わせなど、多様な場面で運用でき、クライアントとの関係強化などが期待できます。
 さらに、PDFに埋め込まれた文字情報を抽出し、名寄せや区分け、バーコードなどのアクセサリの追加など、バリアブル印刷へのPDF入稿を効率化する「PDFormstudio」、クラウドコンピューティングを活用してバリアブル印刷データを制作する「バリアブルフロントエンドサービス(仮称)」など、最先端のマーケットニーズに応えるさまざまな印刷ソリューションをご提案いたします。

 当社は、今回の「page2013」の当社ブース(ブースNo.:C-1、文化会館3階)において、印刷ビジネスのさらなる付加価値を創造する多彩なソリューションを、具体的なデモンストレーションやサンプル、プレゼンテーションを交えてご紹介します。ぜひ会場にて、「EQUIOS」を中心とした最新ソリューションの数々をご体感ください。
 
<主な出展製品>

■ワークフロー
Trueflowとのさらなる融合やオペレーションの削減や簡略化によりコストダウンを実現するユニバーサルワークフロー「EQUIOS Ver.2」や、顧客との繋がりを強めるオンライン校正・承認システム「EQUIOS Online」などをご紹介します。
・EQUIOS Ver.2.0(ユニバーサルワークフロー)
・EQUIOS Online Ver.2.0(オンライン入稿/校正/承認システム)

■サンプル展示(インクジェット印刷システム/デジタルエンボスシステム)
印刷ビジネスの新たな可能性を実現する、最新のインクジェット印刷システムをラインアップ。オフセットに迫るB2サイズフォーマット対応の高品質インクジェット印刷をはじめ、フルカラーバリアブル印刷、70μmの厚盛ニス加工で高付加価値印刷を実現するデジタルエンボスシステムなど、多彩なアプリケーションに応える印刷システムをご紹介します。
・Truepress Jet520/520ZZ/520EX(フルカラーバリアブルインクジェットプリンティングシステム)
・Truepress JetSX(フルカラーバリアブル枚葉インクジェットプリンティングシステム)
・Truepress Jet2500UV/1600UV-F2(ワイドフォーマットUVインクジェットプリントシステム)
・Scodix S Digital Press(デジタルエンボスシステム)

<その他の出展製品>
・PDFormstudio(PDFプリントソリューションソフトウエア)
PDFから文字情報を抽出し、その情報をもとに名寄せや区分け処理を実施。トラッキングや後加工に必要となるバーコードなどのアクセサリ追加まで、完全自動処理を実現するソリューションの事例などをご紹介します。
・バリアブルフロントエンドサービス(参考出品)
クラウドコンピューティングを駆使し、ウェブブラウザーでの操作だけで、ダイレクトメール(DM)などの複雑なバリアブル印刷用データを作成。事例を中心にご紹介します。

このページの先頭に戻る