JGAS 2006

JGAS2006

ごあいさつ

Power to the Future

大日本スクリーンは、JGAS2006において、CTPやデジタルプレスといった様々な出力条件にフレキシブルに対応する、ハイブリッドワークフローをご提案。加えて、商業印刷からフレキソ/レタープレス印刷まで、あらゆる業界に対してデジタル化による様々なソリューションをご用意し、一歩進んだビジネスモデルをご確認いただきます。
明日のプリントビジネスを拓く、大きな原動力がここにあります。無限の未来を見つめ、私たちとともに、ステップアップしてまいりましょう。
JGAS2006大日本スクリーンブースで皆様のお越しをお待ち申しあげます。

スクリーンブースのご案内

会  期:2006.9.14(木)〜16(土) 10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
会  場:サンシャインコンベンションセンター
弊社小間:文化会館3F:C-04

ハイブリッドワークフローをはじめ、印刷会社の勝ち残りの戦略をご提案します

スクリーンブースのご案内

これまでのPDFワークフローといえば「RIPの透過性」、つまり出力できる、できないが話題の中心でしたが、PDFワークフローも印刷品質を追求するステージへ進化しています。 そのひとつとして、PDFベースのRGBワークフローの活用により校正回数を削減、時間やコストの合理化を図るレスプルーフワークフローをご提案します。


プロセスオートメーション

JDFによるワークフローの特性を生かし、プロセス全体をデジタル統合。処理の自動化を実現する、印刷のCIM(Computer Integrated Manufacturing)化を目指します。


ハイブリッドワークフロー

フリーペーパーの急増、ショートランカラーの活用と、商業印刷はまさにニーズと需要の細分化が進んでいます。これからは今まで以上に、クライアントのニーズと印刷の需要に応じて、ワークフローや出力デバイスを使い分ける時代になると考えられます。
異なる印刷需要にも柔軟にワークフローを使い分ける生産環境をご提案します。


検版ソリューション

校正紙やフィルムを使わないデジタル検版システムを用意。ミス、ロス、事故などを防止し、短納期、コスト削減、品質向上を実現する新しいソリューションをご提案します。


拡印刷のご提案

PlateRite FX870

定評あるPlateRiteシリーズで培った技術を継承するとともに、さらなる新技術を導入。フロントで作成されたデータを直接刷版に再現し、ハイライト部分の再現力に優れた高品位なパッケージ・ラベル印刷を可能にします。

デジタル印刷

フルカラープリンティングシステムTruepress Jet520、4色カラーデジタルオフセット印刷機 Truepress 344などのプレゼンテーションや各種サンプルを展示。新しいビジネスの可能性をご提案します。

スクリーニングギャラリーコーナー

AM高精細スクリーニング、AM/FMハイブリッドスクリーニング「Fairdot 2」、FMスクリーニング「Randot X」、マルチスクリーニング、高彩度多色印刷など、さまざまなスクリーニング技術による付加価値の高い印刷物の数々を展示します。

このページの先頭に戻る